山はごきげん!

01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

いよいよ”アオタイ”

2017年 12月08日 14:48 (金)


12月10日(日)いよいよ青島太平洋マラソン(アオタイ)!

懲りずに今年もエントリーしてしまった!!


今年は昨年よりも記録を更新しようと

ちょこちょこ走っていたのだが

2か月ほど前から走ると右下腹に

突っ張るような痛みが出始めたので

最近はほとんど走れていない!!



今年は、完走を目標に

頑張って走ってきます!!!


大会に出場の皆様

42.195kmを共に苦しみ

そして感動を味わいましょう!!












山 と 海 !

2017年 11月17日 18:07 (金)


11/11(土)は、また船釣りの予定!

いつも利用している船は船長の家族に

不幸があり船止めとのこと。


そこで須美江の浦城から出る”日向丸”

に乗ることにした。

この船は基本的に鯛狙いがメインらしく

沖合い水深80mくらいを狙う


早々に1枚上がりその後も順調にヒット

天気は良いのだが風が強くウネリと波

強烈な揺れでまともに座っていられない!


めったに船酔いはしないのだが、

この日は流石に船酔をし吐きまくった (>_<)


午後になり更に荒れてきたので早めの上り

釣果は大物1枚含めて数匹、エバ2枚

 001 釣果

 002 釣果



今日の宿泊場所、鹿川の”つりがね”に

移動し釣った魚を捌き料理をするが

結構大変だ!

・刺身、焼き魚、酒蒸し、あら汁など

 003 料理

 004 料理

 005 料理

 006 料理


・宿泊のメンバーと合流し飲み直し!

 007 メンバー



【 11/12(日) 竹の畑山 】
・翌日は山のメンバー6名で竹の畑山へ

 008 竹の畑山

 009 竹の畑山

 010 竹の畑山

 011 竹の畑山

 012 竹の畑山

 013 竹の畑山

 014 竹の畑山

 015 竹の畑山




 釣に山にいつもお世話になりありがとうございました!


 楽しい2日間でした!!



  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
 

赤いちゃんちゃんこ !

2017年 11月14日 18:06 (火)


先日、家内が還暦を迎えた! 

還暦は干支(十干十二支)が一巡し

誕生した年の干支に還る節目の歳!!



子供たちからは赤いちゃんちゃんこや

花束が送られてきた。

これまで大きな病気もせず還暦を

迎える事は幸せな事だね!!


子供たちは遠方なので二人でお祝い!




▼ 子供達からお祝いが届いた!
 001 お祝い



▼ 山吹会席料理
 002 食事


 003 食事


 004 食事


 004-2 食事


 005 食事


 006 食事


 007 食事


008 食事


  美味しゅうございました!

 009 食事


▼ 失礼しました!!
 010 家




  次ぎはお互いに

  古希を迎えられるよう元気でいよう!



四国の山(三嶺)と観光!

2017年 11月09日 17:43 (木)


丁度、紅葉の良い時期なのに

台風が2週連続で通過した!


久しぶりに晴れマークが連続してる!

そこで、11/2は休みを取り2日~5日の

4連休として秋の行楽に出かけてきた!


行き先は2年前に行った四国(高知と

徳島の県境)にある三嶺(みうね)に

もういちど出かけることにした。


今年の紅葉はどうだろうか?!


下山後は四国をちょっと観光してと!!




■ 場 所 : 三嶺(1894m) 高知県・徳島県
■ 日 時 : 2017年11月2日~3日
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: ペア



■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】

 三嶺縦走


 三嶺縦走pf


■ コースタイム
  1日目(11/2)
  名頃登山口(12:36)⇒ダケモミの丘(14:23)⇒三嶺ヒュッテ(16:00)

  2日目(11/3)
  三嶺ヒュッテ(5:35)⇒三嶺山頂(5:50)⇒白髪避難小屋(7:56)⇒
   (水場を探しに約40分)
  高ノ瀬(10:18)⇒丸石(11:37)⇒次郎笈分岐(12:42)⇒
  西島(13:57)⇒見ノ越(14:15)


■11月2日(木)
 自宅を am1:30 出発
 4:45 臼杵発 (九四フェリー) 7:05八幡浜着
 フェリーで約2時間の仮眠

  八幡浜から高速で名頃まで約4時間


▼ 途中の大歩危峡:川下りをしたいものだ!
 003 大歩危峡

▼ 次ぎは西祖谷のかずら橋に寄り道!
 004 かずら橋


 005 かずら橋


▼ 12時頃に名頃の駐車場に到着
 名頃は”かかしの里”でそれぞれ個性があるが
 人口減少社会の「限界集落」の現実なのだろう
 どれが本物かわからん!?

 006 名頃

▼ さて、準備をして登山口を出発!
 007 登山口

▼ 稜線を黙々と登りますよ!
 008 登り

 009 登り

 010 登り

 011 登り

▼ 14:23 ダケモミの丘にてひと休み
 012 ダケモミ

▼ やっと稜線が見え出しましたね
 013 直下

▼ 三嶺ヒュッテまでもうひと頑張り!
 014 直下

▼ 16:00 三嶺ヒュッテ到着、やれやれ!
 015 三嶺ヒュッテ

   泊まりは若いカップルと我々の4名でした。

   今日はキムチ鍋を食べて早めに就寝だな!


■11月3日(金)
 夜中は風が強かったが、月夜でした!
 5:30 小屋をスタート、まだ暗く風も強いぞ

▼ 5:50 三嶺山頂到着、真っ暗や!
 夜明けに山頂に立ち景色を眺めたかったが
 見ノ越のバスに間に合わせ急がねば!!
 016 山頂

▼ やっと夜が明けてきました。
 017 夜明け

▼ カヤハゲ(東熊山):剣山まで15km (-_-;)
 018 カヤハゲ

▼ 7:56 白髪避難小屋到着、どうもペースが悪い!
 ここで水を調達、が水場の場所が分からない
 やっと探し当て40分のロス、まいったね!
 019 水場

 水場は、白髪小屋より三嶺側で南へ50mほど下りた所にあります。
 (少し下りると沢の音が聞こえてきます)

▼ 8:50 平和丸まで着ました。
 020 平和丸

▼ 鹿の害なのか白骨化が進んでますね
 021 白骨

▼ ミヤマクマザサは素晴らしい!
 022 ササ

▼ 丸石避難小屋でひと休みして丸石へ
 023 丸石

▼ 丸石から次郎笈へ続く稜線:遠いな~
 024 丸石から

▼ 丸石、三嶺を振り返り、随分歩いてきたね!
 025 三嶺

▼ 次郎笈までもう少し!
 026 次郎笈

▼ 次郎笈はトラバース (^_^;)
 027 トラバース

▼ 剣山もトラバース (^_^;)
 028 トラバース

▼ しかも最後は西島駅からリフトで下山 m(_ _)m
 でも、何とか名頃行きのバスに間に合ったよ!
 029 見ノ越


  台風21号、22号の影響で山の紅葉は残念でしたが
  剣山から三嶺の稜線はやはり素晴らしかった。
  時々は歩きたいと思うけどアクセスが大変だな!


  さて、下山後は”いやしの温泉郷”へ!


 そして、明日(11/4)は淡路島を観光

 11/5は、讃岐うどんの食べ歩きだな!



■11月4日(土)
▼ 祖谷から438号と徳島自動車道を走り淡路島へ
 先ずは、鳴門の道の駅うずしおに行ってみよう!
 030 うずしお


  ロードバイクに乗ってる人が実に多かった!


▼ 海岸沿いをぐるっとドライブしながら
 モンキーセンター
 031 モンキー

▼ 今夜は徳島のホテルに宿泊です。
 夜は美味しいものを食べに街をぶらぶら
 山を下りての海鮮はたまらんな!
 032 海鮮


■11月5日(日)
▼ 今日は讃岐うどんを食べ歩くんだって!
 1軒目は、11号線沿いのセルフの店
 033 うどん

▼ 2軒目は高松市内のめっちゃ混んでる評判の店
 034 うどん

  何杯も食えるもんじゃないな!




  後は、八幡浜のフェリーに乗り

  自宅までひと頑張り。


  4日間、また遊んじまったぜ !!!



   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
 

屋久島一人旅!

2017年 10月12日 18:21 (木)

先週の3連休、折角なので何処かへ行こう!

以前より考えていた屋久島の SEA TO SUMMIT

もどきをやってみるか!?!

屋久島は今度で7度目、縦走もしているし

モッチョム岳、愛子岳にも登っているので

少し変わった計画を考えてみた。


宮之浦港~楠川歩道~白谷山荘(泊)

~縄文杉~永田岳~鹿之沢小屋(泊)

~永田歩道~永田浜



経費を極力抑えて

宮之浦から永田浜まで 海~山~海

を縦走する計画です。


行くことに決めたのは前日の夕方でした。💦



■ 場 所 : 屋久島:楠川歩道~永田歩道
■ 日 時 : 2017年10月7日~9日
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独 




■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

 001 屋久島


 002 屋久島PF



■ コースタイム
 1日目(10/7)
 宮之浦港(12:40)⇒楠川歩道入口(13:30)⇒白谷山荘(16:47)

 2日目(10/8)
 白谷山荘(5:32)⇒太鼓岩(6:18)⇒縄文杉(10:00)⇒
 永田岳直下(15:00)⇒鹿之沢小屋(15:46)

 3日目(10/9)
 鹿之沢小屋(5:55)⇒竹の辻1319m(8:27)⇒
 永田歩道入口(12:00)⇒永田入口バス停(12:46)



■10月7日(土)
▼ 8:30 発のフェリー屋久島2に乗船
 003 フェリー

▼ 12:30 屋久島に上陸
 004 屋久島


 005 屋久島

▼ 港から4kmほど歩き楠川歩道入口へ
 この歩道は苔が付いて滑るし暗く寂しい道だ!
 カメラのバッテリーも少なく1枚も写していない
 歩き始めて約10km/3時間半で白谷雲水峡に到着
 ここまで誰にも会いませんでした (>_<)

 006 白谷雲水峡

▼ くぐり杉を過ぎれば白谷山荘は直です。
 007 くぐり杉

 16:47 白谷山荘に到着しましたが誰もいません
 今日の泊まりは俺だけらしい!
 一人は寂しいし、何だか気味が悪いな!
 ま、焼酎を飲んで早いとこ寝るべ!!



■10月8日(日)
▼ 5:32 白谷山荘を出発
 6:17 太鼓岩にて宮之浦岳の山容です!
 008 太鼓岩より

 009 太鼓岩より

 楠川分かれまで出ると荒川登山口からスタートした
 人達と合流するので大行列状態です。
 昨日とはまったく違います!

▼ トロッコ道の大株歩道入口から20分ほどでウィルソン株です。
 010 ウィルソン

 どうもハートが上手く撮れんな!
 011 ウィルソン


▼ 10:00 縄文杉に到着
 012 縄文杉


 013 縄文杉


   高塚小屋で25分ほど休憩して出発です。


▼ 新高塚小屋から1時間ほどで
 やっと永田岳が見えてきました。
 014 永田岳


▼ 平石岩屋か、懐かしい場所だな!
 015 平石岩屋


▼ 永田岳に宮之浦岳:素晴らしい!
 016 永田岳


 017 宮之浦岳


  宮野浦岳には登らず、焼野三叉路より永田岳へ

  往復30分程度だけど、気力も体力も限界!


▼ さて、いよいよ永田岳の下まで着ましたよ!
 018 永田岳


▼ この岩を上れば永田岳山頂だが、ここもパス (-_-;)
 今日のお宿、鹿野沢小屋まで急ぎます。
 019 永田岳


▼ 永田の街と海岸が見えてきました
 明日は、あそこまで降りのですね!
 020 永田


▼ 途中、ローソク岩を見ながら鹿之沢小屋へ
 021 ローソク岩

  15:46 やっと鹿之沢小屋に到着です。

  朝5時半から10時間、ツカレタ!!

 
  今日のお泊りは、自分と若いカップルの3人

  今日は寂しくも、気味も悪くないぞ!


 さあ、明日は永田歩道での下山だが
 悪路で渡渉が2ヶ所、コースタイムは
 8時間、慎重に下りねば!

 若いカップルは花山歩道から栗生のコースで
 下山するらしい。


■10月9日(月)
▼ 5:55 鹿之沢小屋を出発
 022 鹿之沢小屋


   渡渉ヶ所は水量が少なかったので

   問題なく渡れました。

   増水時は注意との案内板がありました。


▼ 途中、こんなヤマグルマがありました。
 023 ヤマグルマ


  下山中、標高800m付近で4人組の男性が

  登ってこられた、少し言葉を交わしたが

  結構な高齢者だった、しかもこの坂を登るとは

  無事に鹿之沢小山まで行けただろうか!?



▼ ここが竹の辻なのか? 標高が違うだろ!
 024 竹の辻


▼ 11:59 やっと永田歩道入口に到着しました。
 後は、林道をテクテクと
 025 歩道


▼ 林道沿いにはこんなシダが
 026 シダ


▼ 振り返り、中央が永田岳かな!?
 027 永田岳


▼ 永田の海岸が見えてきました。
 028 永田浜


▼ 13:37 発のバスに乗り宮之浦港へ向かい
 今回の旅は終了です。
 029 バス



  海から海へのテーマで歩いた屋久島

  マイナーな二つの歩道を縦走して辛くて

  厳しいばかりで人にはお勧めできないが

  全ては自分の自己満足の為だけです。




 屋久島のシャクナゲが咲き誇る6月
 2名の方が増水した沢で命を落されました。
 永田歩道から手を合わせてきました。 




費用概算(参考)
 ・桜島フェリー(往復) 320円
 ・フェリー(行き) 4,900円
 ・バス(永田-宮之浦港) 870円
 ・トッピー(帰り) 8,400円
 ・高速代 750円
 ・駐車代(3日間) 300円
 ・ガソリン代  2000円程度

  交通費合計 約17,000円

 往復フェリーならまだ節約できますよ!



   
  それでは、次回まで ごきげんよう!