山はごきげん!

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

高千穂峰へ!

2017年 04月26日 16:43 (水)



土曜(4/22)は、我が家の庭と駐車場を

高圧洗浄機でお掃除!


めっちゃ疲れたが

見違えるほど綺麗になったぜ!!




そして翌日は足慣らしに高千穂峰へ



▼ 11:54 高千穂河原よりスタート

 001 スタート


▼ 相変わらずズルズルやね~

 002 登り 


▼ 新燃岳、韓国岳をふり返り

 003 韓国岳


▼ ザレ場から御鉢まわりをどっこらしょ!

 004 稜線を


 005 稜線を


 006 稜線を


 007 稜線を


 008 稜線を


▼ やっと頂上が見えてきましたよ・・・

 009 頂上へ


▼ 13:18 高千穂峰頂上に到着~

 010 頂上


 011 頂上




▼ 頂上でコンビに弁当を食べ下山・・

 012 下山



  久しぶりの山歩きだった!!

  さて家に帰って、デッキで晩酌だな (^-^)



 いよいよGWですな!

 今年は、立山へ行っちゃいますよ?!





   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

雪景色の九重へ!

2016年 12月22日 17:58 (木)


12/15 に九重(牧の戸峠)のライブカメラを覗いたら

なんと雪が降っているではないですか、、、

  001 牧ノ戸



週末まで雪が残っていれば絶好のチャンスだぞ!

ちょいちょい覗いていると良い感じだ!!

  002 牧ノ戸



 と言う事で先週の週末は九重へ行ってきました。


 マラソンの疲れや膝の痛みなど完全に回復していないが

 テント泊の重い装備を担いでプチ冬山の気分でGO!


 九重の雪景色を堪能しながら冬山の準備として

 装備の確認や寒さへの耐寒訓練も目的です?!




【12月17日(土) 】
▼ 九重連山が見えてきましたよ♪
  003 九重

▼ 10:10 牧の戸峠に着きました、
  駐車場がスリップするのでここでチェーンを装着
  004 牧ノ戸

▼ 10:24 牧の戸をスタート、素晴らしい天気だ!
  005 スタート

▼ 10:37 展望所より三俣山
  006 三俣山

▼ 10:48 次の展望所より星生山、久住山
  009 沓掛山より

▼ 10:56 沓掛山
  008 沓掛山

▼ 久しぶりの雪景色は気持ちが良いね!
  009 沓掛山より

  010 雪景色

  011 雪景色

  012 雪景色

  013 雪景色

  014 雪景色


▼ 久住山と久住分れ
  015 久住山

  016 久住分れ

▼ 阿蘇山高岳と根子岳
  017 阿蘇山

▼ 久住山分れより三俣山
  018 三俣山

▼ 北千里ケ浜、好きな景色です!
  019 北千里ケ浜

  020 北千里ケ浜

021 北千里ケ浜

▼ 坊がつるが見えてきました。(右上は大船山)
  022 坊がつる

▼ 下に法華院温泉が見えてきました。
  023 法華院

▼ 法華院温泉でちょっと休憩!
  024 法華院

▼ それでは坊がつるへ行ってテントを張りましょう!
  025 坊がつるへ

▼ 今日の寝床はここにします。
  026 テント

▼ 完成!!
  027 テント

▼ 気温は6℃くらい、テントは10張りほどでした。
  028 テント場

▼ 今回のお試しグッズは、ソーラーライト(ランタン)
  移動中に畳んでザックにぶら下げて充電
  テントの中ならかなり明るい!
  029 グッズ

▼ そして夕飯はキムチ鍋と・・・
  030 鍋

  031 ちゅう

▼ 夜中は-8℃ぐらいだったが寒かった!
  ストーブを2度点けて暖まったよ!
  032 ストーブ



【12月18日(日) 】
▼ 今日も快晴だ!
  033 朝日

  034 朝日


▼ 法華院を通り牧の戸まで下山します。
  035 法華院

▼ 途中、しみじみとかえりみします。
  036 かえりみ

▼ やはり北千里ケ浜は美しい!!
  037 北千里ケ浜

  038 北千里ケ浜

  039 北千里ケ浜


▼ 帰りも景色を楽しみながら下山しました。
  040 下山



 やはり雪景色の九重は素晴らしかったですね!

 次に雪が降るのが今から楽しみだ!!



  さて、年末年始はどこう行こうかな?!

  今回は往復とも神戸までのフェリーを使って行って来ます。




  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

えびの高原へ!

2016年 11月25日 18:14 (金)

11/20(日)は、えびの高原の紅葉を見に行ってきた!

紅葉はほとんど終わりかけであったが、池めぐりコース

から白鳥山へ、更に甑岳へ登り不動池までの周回を

楽しんできました。


最後は、韓国岳のピストンで締めて白鳥温泉上湯で

汗を流し帰宅、充実した一日でした。



■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】
  えびの


  えびのpf




▼ 11:17 不動池前Pスタート
  001 不動池

  韓国岳
  002 韓国岳


▼ 11:45 甑岳と六観音御池かな?
  003 甑岳


▼ 白鳥山手前:韓国岳と白紫池
  004 韓国岳


▼ 11:56 白鳥山山頂より
  005 白鳥山


▼ 12:05 六観音御池より
  006 御池


  007 御池


▼ 12:15 大杉
  008 大杉


▼ 12:17 六観音御池の展望台より
  009 御池


▼ 13:02 甑岳山頂
  010 甑岳


  011 甑岳より


▼ 下山途中、ほとんど落葉してますが良い雰囲気です。
  012 下山




▼ 14:49 韓国岳山頂(登りは46分でした)
  013 韓国岳

  大浪池
  014 大浪池

  新燃岳と高千穂峰
  015 高千穂峰


▼ リンゴを食べて下山開始
  016 りんご


▼ 硫黄山は相変わらずです!
  017 硫黄山



    たっぷり汗をかいた後の温泉は

    最高だね!




  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

秋の屋久島へ!

2016年 11月10日 15:40 (木)

11月は紅葉の季節ですね!
そこで4日を休んで4連休にしてしまいました。
少し遠方に出かけて紅葉を見ながら縦走をしたいな!
などと思い、昨年行った四国の三嶺も良いだろうし
または屋久島も良さそうだな!
とか考えたが秋の屋久島へ行く事にした!!

今回は、淀川(よどごう)登山口から入り黒味岳と
永田岳を経由し白谷雲水峡までの縦走を計画
しました。

4連休は天気も良さそうなので楽しくなりそうだ!




■ 場 所 : 宮之浦岳(1936m) 日本百名山 【鹿児島県屋久島】
       黒味岳(1831m) ・ 永田岳(1886m)
■ 日 時 : 2016年11月3日~5日
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独 




■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  001 屋久島縦走


  002 屋久島縦走pf



■11月3日(木)
▼ 8:30 発 屋久島フェリー2に乗ります。
  今回は縦走なので車は運びません。
  003 フェリー

▼ 鹿児島湾からは桜島や高隈山、開聞岳など・・・
  004 桜島

  005 高隈山

▼ 屋久島に近づいてきました。
  006 宮之浦港

  007 宮之浦港

▼ 12:30 到着予定ですが若干の遅れ
  そして、12:50 発の紀元杉行きのバスに乗ります。
  合同庁舎で乗り換えですが乗客が多く大型バスに
  乗り換えます。
  バスは登山者で満員状態です。
  
  終点の紀元杉で降り、先ずは淀川登山口へ進みます。

  途中の川上杉
  008 川上杉

▼ 15:15 淀川登山口に到着
  今日は淀川小屋の宿泊者が多そうなので早めに
  小屋に向かいます。
  009 登山口

▼ 15:50 淀川小屋に到着、どうにか小屋のスペースを確保
  水場でビールを冷やしておこう!
  淀川は実にきれいだね!!
  010 淀川


   小屋にはぞくぞくと登山者が入ってきて通路まで
   利用するほどの満員状態だ!

  夜は隣の広島から来られたへんてこなオッサンと
  食べながら色々語って・・・就寝zzz



■11月4日(金)
▼ 早立ちの人は3時ごろから支度をしうるさくて眠れない
  自分は4時ごろから準備をして、4:35 に小屋を出発!
  
  5:46 展望台のところから日が出始めてきました。
  011 日の出

▼ 5:54 小花之江河に来ましたが、真っ暗・・・
  012 小花之江河

▼ 6:04 花之江河に到着、薄っすら見えてきました・・・
  013 花之江河

▼ 6:23 黒味岳の分岐に到着、ザックをデポし黒味岳へ
  少し登ると見晴らしが良く、そして日の出が美しい!
  014 日の出

  015 日の出

▼ 黒味岳を見上げます。頂上には人が立ってますね!
  016 黒味岳

▼ 紅葉と雲海、、、素晴らしい!!
  017 雲海

  018 雲海

▼ 日が差してきましたよ~
  019 黒味

▼ 6:46 黒味岳到着です。
  020 黒味岳

  021 黒味岳

▼ これから向かう、右が宮之浦岳で左が永田岳です。
  022 宮之浦岳

▼ 黒味岳より
  023 黒味岳より

▼ ずっと居たいけれど先に進みます。
  投石岳付近にて
  024 投石岳付近

▼ 宮之浦岳まで先を急ぎます。
  025 宮之浦岳へ

  026 宮之浦岳へ

  027 宮之浦岳へ

  028 宮之浦岳へ

▼ 8:59 栗生岳到着、宮之浦岳までもう少し!!
  029 栗生岳

▼ いよいよ宮之浦岳が見えてきました。(中央の黒い点が人)
  030 宮之浦岳

▼ 9:16 宮之浦岳に到着(今回で4度目になります)
  (1936m 九州地方最高峰です)
  031 宮之浦岳

▼ 天気も良く素晴らしい景色だ!
  032 宮之浦岳

▼ 永田岳です。
  033 永田岳

▼ 頂上で少し休憩し永田岳に向かいます。
  034 永田岳

  035 永田岳

  036 永田岳

▼ 永田岳の頂上が見えてきましたね、人が立ってます。
  037 永田岳

▼ 10:37 永田岳に到着、後には永田の海岸が見えます。
  038 永田岳

▼ 先ほどまでいた宮之浦岳です。
  039 宮之浦岳

▼ 良い眺めですね~ 永田岳はやっぱいいね!!
  040 永田岳

  041 永田岳

  042 永田岳

  043 永田岳

▼ ずっといたいが戻りましょう! 
  あっという間にガスってきました。
  044 戻り

▼ 焼野三叉路まで戻り(新)高塚小屋に向かいます。
  045 平石

▼ 突然、縦走路で鹿と直面!(写真はその後です)
  046 鹿

▼ 小屋までもう少し頑張ろう!
  047 縦走路

   13:25 新高塚小屋に到着です。
   朝4時半から9時間ほどよく歩きました!

  新高塚小屋は60人収容できますが、ほぼ満員状態。
  本当は、この先の高塚小屋まで行きたかったのですが
  スペースを確保できたのでここにとまる事にします。
  この後もぞくぞくと登山者が来て大混雑でした。

  今日のお隣さんも広島から来られたご夫妻で
  山の話など色々語りながら楽しいひと時でした。


■11月5日(土)
  今朝も早出の人が3時にアラームをかけ身支度をはじめたが
  実にうるさい! もう少し静かに回りに配慮して欲しいね!
  
  自分は4時ごろから支度をして、4:53 に出発!!
  勿論まだ暗いので木の根に足を引っ掛けないよう慎重に!


▼ 6:00 高塚小屋に到着!
  2013年に改築された3階建てということで、
  壁材はガラスコーティングした紙管で画期的らしい。
  中を覗いたがまだ暗いのでよく分からなかった!
  048 高塚小屋

▼ 6:10 夜明け前の縄文杉に着きました。
  私の写真では迫力が伝わりませんね (>_<)
  049 縄文杉

▼ 夜が明けた縄文杉、あまり変わらんか?!
  050 縄文杉


▼ さて先を急ごう!
  今日は白谷雲水峡まで出て
  11:40 の宮之浦港行きのバスに乗る予定
  6:46 夫婦杉
  051 夫婦杉

  6:48 大王杉
  052 大王杉

▼ 7:16 ウィルソン株に着きました。
  053 ウィルソン

  054 ウィルソン

  ハートの形になってませんね!
  055 ウィルソン

▼ 7:23 翁杉
  縄文杉に次ぐ太さの翁杉だが2010年に倒れました。
  056 翁杉

▼ 7:39 大株歩道:ここからトロッコ道が続きます。
  057 大株歩道

▼ 8:44 楠川分れ 9:25 辻峠
  9:36 太鼓岩
  058 太鼓岩

  女神杉!?
  059 女神杉

▼ 10:13 苔むす森(もののけ姫のモデル)
  060 苔むす森

▼ 10:19 シカの宿
  061 シカの宿

▼ 11:02 白谷雲水峡の広場に到着です。
  062 白谷


   やれやれ、11:40 のバスに乗れるぜ!

   宮之浦港でお土産をかって
   13:30 発のフェリーに乗るだけだ!!

▼ 無事に鹿児島港に着きました。
  063 鹿児島



  もう少し紅葉しているかと思ったが縦走路は

  こんなものなのかな!?

  しかし秋の屋久島は天気も良く素晴らしかった!

  
    次ぎは冬の雪道を歩きたいものだ!



  費用概算(参考まで)
  ・フェリー(往復)  8900円 + 320円
  ・バス(宮之浦港-紀元杉) 1770円
  ・バス(白谷雲水峡-宮之浦港) 550円
  ・高速代 1480円
  ・駐車代(3日間) 300円
  ・ガソリン代  2000円程度
  ・食 料   2000円程度
  ・お土産  3500円

   交通費合計 15,000円

  高速代と駐車料金は工夫して安くできました。



   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

祖母山へ!

2016年 07月07日 16:42 (木)

梅雨の合間、久しぶりに週末は天気が良さそうだ!

なのでテントを担いで祖母山へ行くことにした。


ルートは今回も尾平越トンネルの宮崎側から入る

ヒムカ登山口より古祖母~障子岳~祖母山への

ルートをピストン。

幕営はいつものように9合目のテン場ですね!


天候も足の調子も不安だったが久しぶりに祖母の縦走路を

歩きたくなった!


それに祖母山に咲くオオヤマレンゲも見れたらいいのだが

もう終わってしまっただろうか?!




■ 場 所 : 祖母山 1756m (大分県・宮崎県)
■ 日 時 : 2016年7月2日~3日
■ 天 候 : 2日 晴れ / 3日 小雨
■ メンバー: ソロ
■ コースタイム 

  6/2 登山口(9:02)⇒古祖母山(11:13)⇒障子岳(12:30)⇒
     祖母山(14:20)⇒テン場

  6/3 テン場(6:34)⇒祖母山(6:48)⇒障子岳(8:37)⇒
     古祖母山(9:40)⇒登山口(11:34)



▼ 30分ほどで縦走路にでます。
  001 縦走路

▼ 稜線から祖母山が見えるところにでました。
  002 祖母山

▼ 尾根歩きも気持ちがいいですね!
  003 稜線

▼ 障子岳、天狗岩、祖母山と見渡せますよ
  004 天狗岩

▼ 向こう側は大障子岩尾根
  005 大障子岩尾根

▼ 2段ハシゴのところまで着ました、古祖母も近いぞ!
  006 ハシゴ

▼ 古祖母山の手前からの祖母山です。
  007 祖母山

▼ 11:13 やっと古祖母山に到着
  008 古祖母山

▼ ちょっと雲が出始めましたよ!
  009 障子岳

▼ 障子岳への縦走路にバイケイソウが群生してたよ!
  010 バイケイソウ

▼ 祖母山頂にも雲がかかってきたな!
  011 祖母山雲

▼ 12:30 障子岳到着~
  012 障子岩

▼ いよいよ祖母山が近くに見えてきましたぞ!
  013 祖母山

▼ 反対側(北側)から見た天狗岩
  014 天狗岩

▼ 1700m付近のところに咲いていた花
  015 花

▼ 14:20 やっと頂上に到着です~
  おっと、雨が降り出したぞ!
  016 祖母山頂


    とりあえず9合目小屋でひと休みして

    今日は小屋番さんも宿泊者も居ないようだ!

    雨が降り出したので泊まろうかと思ったが

    誰も居ない山小屋は、なんか気味が悪いね

    なので水を汲んでテン場へ向かいます!

    小屋の周りにはオオヤマレンゲは咲いてなかったが

    テン場の付近は結構咲いていましたよー 



▼ テン場のオオヤマレンゲ
  017 オオヤマレンゲ

  018 オオヤマレンゲ


    やっぱ祖母のオオヤマレンゲはいいね~!



▼ 早速テンと設営、今回は軽いダイレクト2にしました。
  019 テント


    外はコバエなのか虫がやたら飛び回っている、

    このテントにはモスキートネットが付いていないので

    入り口を開ければ虫が、閉めれば暑いし、まいった!

    

    テン泊は、先にビルバーグの赤いテントを張っていた方と

    2張りだけのようだ。

    もしかしたらおんせん県の人だったかも?!



▼ 外は雨だし、さっさと一杯やって寝よう!
  今日の食材
  020 今日の食材

  021 料理

  022 料理


▼ 夜も更けていくよ! 雨では夕日がみれんなぁー
  023 レンゲ



▼ 翌朝もやはり雨、もちろん朝日も駄目だ !
  
  テントを撤収して帰ろう !!

  来た道を同じく戻るが、雨と汗で体はぐっしょり

  ひたすら歩いて歩いて・・・

  障子岳・・・ 古祖母・・・  

  やっと登山口のトンネルに着きました!



    梅雨の時期から山はヒルやダニも多く発生し

    低山を歩くのも暑くて厳しくなるな!


   
   次ぎは紅葉の頃に縦走しようかな!!




   
  それでは、次回まで ごきげんよう!