山はごきげん!

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

三里河原と行縢山(1/2) !

2014年 07月17日 18:22 (木)

大型台風8号が通過し、週末は晴れそうなので先月予定していた
大崩山に出かけることにしました。
本来のタイトルは、”三里河原と大崩山”となるはずだったのですが、
悪天候のため大崩山から行縢山へ変更しました。
予定は、12日(土)に三里河原を歩いた後に、大崩山荘(小屋)に泊まり
翌早朝に小屋を出発し湧塚尾根~山頂~坊主尾根と周回する予定でした。

三里河原は予定通りモチダ谷まで行き、沢歩きを楽しんでから大崩山荘
に戻り、翌日の大崩山に備えて、今日はここの小屋に泊まります。
翌早朝、湧塚分岐に向かう途中、時々入るラジオの天気予報を聞くと
山沿いは午後から激しい大雨、雷の予報で十分注意とのこと。
暫し、どうするか考えた末に下山する事にし、帰路途中の行縢山に登る
事にしました。


■ 場 所 : 三里河原 (宮崎県・延岡) 
■ 日 時 : 2014年7月12日 (土)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独
■ コースタイム  

  宮崎(7:00) ⇒ 登山口(9:50) ⇒ 吐野(12:18-12:36) ⇒
  モチダ谷(13:27) ⇒ 吐野(14:05) ⇒ 山小屋(15:31) 泊


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  GPSは切立った岩場の付近は衛星を捉えずらいようです。
  001 三里河原

  002 三里河原PF


▼ 祝子登山口: 他の車は下のほうに2台だけ
  003 登山口

▼ 大崩山荘手前からの小積ダキ
  004 小積ダキ

▼ 大崩山荘に泊まりの荷物を置いて三里河原へ向かいます。
  005 大崩山荘

▼ 滑り落ちないようにロープを伝って進みます。
  006 ロープ

▼ 湧塚尾根と三里河原への分岐です。
  明日の渡渉時の水量を確認し三里河原へ進みます。
  何とか渡れそうですね。
  007 湧塚分岐

  008 湧塚渡渉

▼ 途中開けたところから小積ダキが見えます。
  009 小積ダキ

▼ 喜平谷分岐です。木山内岳への分岐です。
  先日の台風で木の枝葉が散乱してます。
  010 木山内岳

▼ 五葉ダキ、ここからの景色も見事ですよ。
  011 五葉ダキ

▼ ワイヤーロープや梯子場を進みます。
  012 ワイヤーロープ

▼ 吐野に着きました。台風の後なので水量が多いですね。
  013 吐野

▼ さて、ここからは沢靴に履き替えて進みます。
  20年以上前に購入した沢靴ですが、まだ使えます! (^_^;)
  014 沢靴

▼ ここからモチダ谷出合いまで水の中を歩きます。
  015 沢

  016 沢

  017 沢

  018 沢

  019 沢

  020 沢

  021 沢

▼ モチダ谷出合いまで来ました。今日はここで戻ります。
  022 モチダ谷


▼ 山荘近くの沢で汗を流し、ビールを冷やして小屋に戻ります。
  今日の宿泊者は私一人のようです。
  急に沢の音が大きくなったと思ったら大粒の雨が降り出しました。
  明日は大崩山へ、天気はどうなのだろうか??
  023 小屋前

 大崩山を諦めて行縢山のレポは次回お伝えします!!

  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント