山はごきげん!

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

竹ペグを作ってみました!

2014年 06月26日 18:58 (木)

先週は雨なので山には入らず、田植えの手伝いや
ボウリングなどをして過ごしてました。

なので、季節はずれですが、以前に自作した竹ペグをご紹介します。
今年の3月、日差しが暖かい庭先で竹ペグを作成してみました。
雪上テント用のペグは、MSR や HILLEBERG からアルミ製のもの
が販売されていますが、自作の竹ペグなら軽量で安価に出来ますよ。


■ まず市販のスノーペグはこんな感じです。
   重量:50g   価格 7992円/6本
   001 ペグ


   重量:24g   価格 702円/1本
   002 ペグ



  張るテントの種類にもよりますが、テントサイドに4本、張り綱で
  4本、計8本使用すると結構な重さと価格になってしまいますね (^_^;)

■ では、自作品の手順と仕上がりを紹介します。
  ホームセンターで1m程の竹を1本購入、200円だったかな?
  それを22cm程に切り、さらに幅3cmほどにカットします。
   003 竹カット①


   角のバリを取って丸く加工しました。
   004 竹カット②

   左の4本はテントサイド用で、埋めずに差し込んで固定します。
   右側の張り綱用は、中央にドリルで麻紐を通す穴を開けます。
   005 竹加工

   重さは、1本 15g で 原価は10円ほどかな?
   006 重さ①
   007 重さ②

   穴に麻紐を通せば完成です
   張り綱をそのまま穴へ入れて止めてもOK
   008 麻紐付け



   作成後は、デッキでランチです。
   009 ランチ


 この竹ペグを春山遠征の際に、燕山のテント場で使用してみました。
 約30cmほど雪を掘り、竹ペグを横にして埋めるのですが、結構いい
 感じに固定できました。
 ただ、朝撤収するのに雪を掘り起こすのですが、雪が氷のように
 硬くなると掘り出すのに一苦労します。
 時には、どうしても回収できない場合があるようです。その時は
 竹と麻紐なら残置しても多少環境にやさしいとの事みたいです。
 しかし、出来る限り持ち込んだものは持ち帰りましょう!

 さて、今週は晴れるかな?!?

  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント