山はごきげん!

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

大幡の膳棚(氷瀑)へ!

2014年 01月29日 18:42 (水)

先週、お気に入りのブログを閲覧していたら、大幡膳棚・氷瀑の記事が
いろいろ記載されていました。
以前から行ってみたいなと思っていたこともあり、氷瀑も良い感じに成長
しているだろうと思い、相棒と出かけることにしました。
コースは沢から入り膳棚の下まで登り詰め、膳棚の氷瀑を観賞後に大幡前山
まで上がり、下山は頂上から一番西側の尾根を下りるルートをとりました。
期待した氷瀑は、残念ながら暖かい気温が続き1週間で半分以上解けてしまい
ちっちゃくなってました。(-_-;)


■ 場 所 : 大幡前山 1298.9 m (宮崎県)
■ 日 時 : 2014年1月25日 (土)
■ 天 候 : 晴れ のち曇り
■ メンバー: 2名 TOCHI、MINE
■ コースタイム

  登山口(9:14) ⇒膳棚(12:05) ⇒大幡前山(12:43)
   ⇒落差35Mの滝(13:53) ⇒ 登山口(14:50)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】
 *今回のGPS軌跡は、正規ルートではないので参考にしないで下さい。

 001 大幡膳棚

  【歩行 : 6.8km ・ 5時間36分 : 累積標高 760m 】
 002 大幡膳棚PF

▼ 皇子原より林道を大幡方面に登り詰めたところに駐車します。
 003 登山口

▼ 駐車場から先の林道は工事中のため進めませんでした。
 004 林道工事

▼ 沢と尾根を選びながら膳棚へ向います。
   途中、分かりづらいところがあるので慎重に登ります。
 005 沢歩き

▼ いよいよ膳棚が近づいてきました。沢は凍りついていますよ!
 006 膳棚手前

▼ 膳棚の真下まで着ました。解けて棚の氷が小さいですね~
   ツララではないですが、氷の塊が転がり落ちてきてビビリます。
 007 膳棚下

▼ 膳棚の氷瀑です (-_-;) かなり解けてしまいました 残念!
  この後、大幡前山へ向いますが、道が分かりづらかったですね
  大幡前山の頂上に着いたときには曇り始めたので、即下山です
  下山は西側の尾根を慎重にテープを確認しながら下ります。
 008 膳棚

▼ 途中の落差35Mの滝です。見に行くには結構辛いものがありました。
   急坂を下りますので要注意ですよ!!
 009 35M滝


初の大幡前棚に沢コースから入りましたが、難コースと聞いていたので
地図とGPSを確認しながら慎重に登りました。
生憎、気温が高くテンコ盛りの氷瀑は見れませんでしたが、周回ルートが
確認できたので満足です。氷瀑は次の オ・タ・ノ・シ・ミ !!
相棒は、また騙されたような複雑な顔をしておりました (^_^ゞ
三郡山地の難所ケ滝にも行ってみたいな~

   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

2014年01月31日 06:49

おはようございます♪
寒さが緩み膳棚の氷塊が随分と溶けたようです(>_<)
大幡前山からの下りにはテープはありましたか?
峰さんが下ったルートが正規のようですね!

初の膳棚でした!

2014年01月31日 09:06

ふじさん、おはようございます。
ふじさんのブログを見て膳棚に行ってきました。
氷塊はだいぶ解けていましたが、今回はルート調査で十分です。
下りルートのテープはほぼ付いていますが、2箇所ほど
判りづらいところがありますよ。
2度ほど迷子になりました(-_-;)