山はごきげん!

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

今年初の九重!

2014年 01月18日 12:50 (土)

連休の2日間は、またまた雪の九重へ行ってきました。
ライブカメラで雪景色になっている様子を見ると、どうも久住へ
行きたくなるので、困ったものです。
今回も牧ノ戸峠から入り、御池の凍った氷の上を通過して中岳から
天狗ケ城を経由して久住分れまで戻り、法華院温泉に向います。
今回は、坊がつるではなく、法華院の側にテントを張ることにしました。
(テントは、1張1名 300円です、安いですね!)
テント設営後、温泉に入り、その後すぐに談話室で自炊の夕食です。
温泉は近いし、談話室は暖かいし、GOODですね。
しかし、暖かい談話室で一杯やってから、雪の上のテントに戻るのは
ちょっと辛いかな、ハハハ
翌日は、久住分れから星生山を経由して下山しましたが、2日間とも
晴天で九重の雪景色を思い存分堪能できました。*^^*/


■ 場 所 : 中岳 1791m/天狗ケ城 1780m/星生山 1762m (大分県)
■ 日 時 : 2014年1月12日 (日)~13日(月)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独
■ コースタイム

  1/12 牧ノ戸登山口(9:41)⇒御池(11:46)⇒中岳(12:06)⇒
      天狗ケ城(12:28)⇒久住分れ(12:48)⇒ 法華院(13:53)
  1/13 法華院(9:25)⇒久住分れ(11:14)⇒星生山(12:04)⇒
      牧ノ戸(13:27)

■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】

  001九重

  1日目 【歩行:8.9km 4時間12分 : 上り累積 620m 】
  002九重pf
  2日目 【歩行:7.2km 4時間02分 : 累積標高 600m 】
  003九重pf

【1日目】
▼ 牧ノ戸峠の駐車場は満車で、バス停付近に駐車します。
  スタートからアイゼンを付けます。今日は6本爪です。
  001 牧ノ戸峠

▼ 沓掛の温度計は-12℃を示しています、やっぱりおかしい?
  002 温度計

▼ 左に星生崎、右に久住山が見えてきましたよ。
   良い天気になって景色が最高です。
  003 星生山

▼ 避難小屋まで来ました。久住山が素晴らしいですね~
  004 久住山

▼ 写真上:御池へ向う登山者  写真下:久住へ向う登山者です。
  005 御池手前

▼ 御池では、皆さん転げまわって遊んでましたよ。楽しいねぇ
  006 御池

▼ 御池で楽しんでから、中岳(上)から天狗ケ城(下)へと向います。
  007 中岳・天狗

▼ 中岳に着きました。久住、稲星、天狗、大船など景色が最高!
 008 中岳

▼ 天狗ケ城に到着、ここからの景色も最高~ ス・ン・バ・ラ・スィ
 009 天狗ケ城

▼ 久住分れまで戻り、北千里河原へ下ります。ここの景色もいいね!
  010 北千里

▼ いよいよ大船山、平治岳、坊がつるが見えてきました。
  011 大船・平治

▼ 法華院温泉に着きました。今日はここにテントを張ります。
  テント泊は私ひとりでした。寂しぃ~
  テント設営後、温泉に入り、談話室で夕食(一杯)でした。
  ちょい酔いでテントに戻ります。もちろん夜は寒いですよ♪
  012 法華院

【2日目】
▼ 翌日は、星生山を経由して牧ノ戸まで帰りますが、
  今回の目的であるピッケルの使い方の訓練をしながら戻ります。
  久住でもピッケルを持っている人は余りいないので、少し恥ず
  かしいですが、訓練もどきです。(^_^;)
  013 ピッケル

▼ 久住分れからの久住山です。
  014 久住山

▼ 星生先から雪景色が本当に抜群です、九重の醍醐味ですね。
  015 星生先


3連休の初日は韓国岳に登り、後の2日は九重と山三昧の休暇でした。
2月になれば、もう福寿草も咲き始めますし、山に登っていると一年中
どこそこ行くところがあるもんですね。

  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント