山はごきげん!

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

冬の南アルプス挑戦!!

2014年 01月08日 12:14 (水)

今年の年末年始は自由行動の許可が出ました!?
折角なので、東京の親戚を訪ねて、冬の甲斐駒ケ岳登山に
チャレンジすることになりました。
ルートは、南アルプス林道は閉鎖しているので、伊那市側から
戸台登山口より北沢峠に入り、その後、甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳
を目指す計画です。
初の冬山登山にチャレンジした様子をお伝えいたします。


■ 場 所 : 甲斐駒ケ岳 2967m (北沢峠まで)
■ 日 時 : 2013年12月30日 (月)~12月31日(火)
■ 天 候 : 晴れ のち雪
■ メンバー: 単独
■ アクセス

  12/28 9:50 ANA604便 宮崎 ~ 羽田 ~ 八王子
  12/29 9:12 中央道八王子~伊那バスターミナル~高遠~仙流荘(泊)
  12/31 14:58 仙流荘~高遠~伊那バスターミナル~(19:03)中央道八王子 
■ コースタイム

  12/30 仙流荘(7:00) ⇒戸台登山口(8:40)⇒北沢峠キャンプ場(15:00)
  12/31 北沢峠キャンプ場(8:10)⇒戸台登山口(12:39)⇒仙流荘(14:10)

■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】

    甲斐駒ケ岳
                            ↓
    甲斐駒②

      1日目 【歩行:18km 8時間 : 上り累計 1280m 】
      2日目 【歩行:18km 6時間 : 下り累計 1280m 】
 甲斐駒PF



▼ 29日 新宿発・駒ヶ根行きのハイウェイバスに乗りました。
  中央道八王子から伊那市まで乗車します(双葉SAで休憩)
  001 高速バス

▼ 八王子より3時間弱で伊那バスターミナルに到着です。
  伊那市駅より市営のバスに乗り換えます。
  002 伊那

▼ 高遠を経由して仙流荘まで来ました。
  これから先へ行くバスはありませんので、今日はここに泊まります。
  003 仙流荘

▼ 仙流荘より遠方に見える仙丈ケ岳?でしょうか
  004 仙丈が岳

▼ 30日 仙流荘を7時に出発です。とりあえず戸台登山口まで目指しましょう。
  途中の戸台大橋です。冬季は閉鎖してますが、北沢峠まで行けるのです!
  005 戸台大橋

▼ 戸台の橋本山荘です。昨日はここまで来る予定でしたが休業中でした。
  006 橋本山荘

▼ 仙流荘から1時間40分(6km)、やっと登山口まで来ました。
  マイカーの人たちは此処まで来れます。すごい車の数でした。
  007 登山内

▼ さて、いよいよ戸台川を何度か徒渉しながら高度を上げていきます。
  徒渉の際は、石が凍っていますので十分注して下さい。コケました(-_-;)
  008 戸台川

▼ 途中の八丁坂にて小休止です。仙流荘から6時間経過、もうヘロヘロです。
  009 八丁坂

▼ やれやれ北沢峠までやってきました。テント場はこの先です。
  010 北沢峠

▼ 長衛小屋(旧 北沢駒仙小屋)でテント泊の手続きをします。¥500
  小屋は売店があり、ビールやおでん、おつまみ類も購入できます。
  テン場はすごい数です。場所を探し雪を均してから張りますよ。
  トイレは小屋の横にあり、水は近くの沢の水を使います。
  テントを張ったら、早速中に入り持参の地鶏と焼酎で温まります(^.^) 
  011 テント場

  さてさて、明日の甲斐駒ケ岳または仙丈ケ岳はどうしたものか?
  朝の天候と体調、気力を考慮して判断しましょう!


▼ 31日朝の様子です。雪が舞っていますね~
  天候も悪く、膝の調子も良くなく、一人山頂を目指すには危険と判断し、
  今回は残念ですが下山する決心をしました。(>_<)
  012 31日朝

▼ 帰りの北沢峠と長衛荘です。長衛荘はホテルなみですね!
  013 北沢峠

▼ あとは一気に下山し、登山口が見えてきました。
  014 下山

▼ やっと仙流荘に着きました。車道歩きは涙がでるほど辛かったです。
  015 到着

▼ もう一度振り返ります。次は必ず行きますよ~
  帰りのバスも比較的接続が良く、午後7時には八王子に戻り
  大晦日の宴に突入、またご馳走になりました。m(_ _)m
  016 仙丈岳


冬場は、南アルプス林道も閉鎖しているので、登山口までの
アクセスも計画の大きなファクターとなりますね。
初の冬山チャレンジで頂上を踏めませんでしたが、良い勉強に
なりましたし、また山の魅力を感じた次第です。
これを経験にして、次のチャンスに臨みたいと思います。
皆さんも安全第一で山を楽しみましょう!!

   
 それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント