山はごきげん!

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

雪の九重へ!

2013年 12月05日 19:07 (木)

11月28日に、パソコンで九重のライブカメラを見ていたら”牧ノ戸登山口”
の駐車場は雪が積もっているではありませんか、まわりの木々にも霧氷が付き
とても綺麗です。
これは、見てしまったら九重に行かない訳にはいかないでしょう!
土曜(11/30)、朝5時に起きて車にタイヤチェーンを積み宮崎を出発です。
冬山の歩荷と耐寒訓練のつもりで、約15kgのザックを背負い、牧ノ戸登山口
から久住山まで登り、久住分れまで戻り北千里ケ浜を経由し坊がつるキャンプ場
でテント泊です。
坊がつるでは、雪の上にテントを張る覚悟でいましたが、思ったほど雪は無く、
気温も2度とそれほど寒くはなかったです。
翌日は、大船山へ登り霧氷を観賞し、厚く凍りついた御池(おいけ)の景色を
たっぷり楽しんでから坊がつるまで戻り、久住分れを経由して牧ノ戸の登山口
に戻りました。
たっぷり楽しんだ2日間でした!

■ 場 所 : 久住山 1786.5m/大船山 1786.2m
■ 日 時 : 2013年11月30日 (土)~12月1日(日)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独
■ コースタイム 

 11/30 牧ノ戸登山口(9:49)⇒久住分れ(11:55)⇒久住山(12:24-12:37)⇒  
     すが守分岐(13:51)⇒法華院(14:26-14:46)⇒坊がつる(15:00)
 12/1 坊がつる(9:17)⇒大船山(10:44)⇒御池(10:50)⇒坊がつる(12:01)⇒
     法華院(12:51)⇒すが守分岐(13:37) ⇒久住分れ(14:25)⇒牧ノ戸(16:10)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】

 ・1日目 【歩行:9.5km 5時間12分 : 累積標高 690m 】
 九重①

 久住①PF

 ・2日目 【歩行:12.5km 6時間54分 : 累積標高 1180m 】
 九重②

 久住②PF


11月30日(土)
▼ 西組牧場あたりからの九重連山です。山頂は白くなってますね。
 001 九重連山

▼ 瀬の本からは滑り止め必要の表示がありましたが、除雪してありチェーンは不要です。
  牧ノ戸峠の駐車場と売店付近は、雪が積もっています。
 002 牧ノ戸

▼ 登山口付近の雪景色です。
 003 登山口

▼ 登り始めてすぐの霧氷です。とても綺麗ですね。
 004 霧氷

▼ 沓掛山付近にある温度計です。-2度ですが天気が良いので寒くないですよ。
 005 沓掛山

▼ 登山道の雪景色です。アイゼンは6本爪を付けて歩きます。
  12本爪のアイゼンを注文すればよかった (>_<)
 006 登山道

▼ 霧氷がとてもきれいですよ。
 007 霧氷

▼ 久住山に星生崎です。
 008 久住山

▼ 久住山です。日が差してきましたヤッホーですね。
 009 久住山

▼ 下は久住分かれ避難小屋です。
 010 避難小屋

▼ 久住山山頂へ向います。右上の写真は天狗ケ城 1780m
 011 久住山へ

▼ 久住山山頂では青空で360度の眺望が出来ました (^.^) 
 012 山頂

▼ 久住分れから法華院温泉に向け北千里ケ浜へ下ります。
 013 北千里

▼ 上:下りてきた久住分れを振返ります。左下は三俣山です。
 014 北千里

▼ 今度は、大船山が見え始めました。下れば法華院温泉です。
 015 大船山

▼ いよいよ坊がつるも見えてきました。
 016 坊がつる

▼ 法華院温泉に辿りつきました。取りあえずビールでしょ (^.^) 
 017 法華院温泉

▼ 坊がつるキャンプ場へ到着です。テントの設営をします。
  流し場は凍りついており、温度計は2度を示しています。
  やはり寒くなるとテントの数が少ないですね。
  若い女性が一人で来ていたのにはビックリです。
 018 坊がつる

▼ 外は寒いので、テントの中で夕食です。
  いつもの鍋に焼酎です。夜は星が綺麗でしたよ *^^*
 019 テント


12月1日(日)
▼ 今日は、大船山の朝日を見る予定でしたが、根性がなく起きれず (-_-;)
  また、朝方は雨もぱらついていたので、テン場でゆっくりしてました。
  ところが、大船の頂上に日が差し始めたので、テントを撤収しザックを
  小屋に置き、アイゼンとペットボトルをだけ持って大船へ向いました。
  (9時を過ぎてしまった、出遅れちまったぜ~)
 020 テン場

▼ 段原まで来ました。途中の登山道と三俣山です。
 021 段原

▼ 段原より山頂を目指します。雪も多くなり霧氷が最高に綺麗です。
 022 霧氷

▼ 頂上に到着です。
 023 山頂

▼ 山頂から少し下った御池に向います。ガリガリに凍っています。
 024 御池

▼ 氷の上で遊びます。カップルのお二人もはしゃいでいましたよ♪
 025 御池

▼ 先ほどまでいた大船山です。1時間で坊がつるまで下山しました。
 026 大船山

▼ さて、軽く腹ごしらえしてから牧ノ戸まで戻りましょう。
  法華院温泉を経由しすが守分岐から久住別れと二つの登りが待ってます。
  何やら法華院温泉のあたりが騒々しいですが、何でしょうか?
  赤十字の何とかの何とかで馬の訓練とのことでした。
 027 馬

▼ 北千里ケ浜まできました。
  次は先の”久住分れ”を目指して登ります。ひぇー遠いねぇ~
 028 北千里

▼ 久住分れまで登って来ましたよ~
  ・扇ケ鼻の分岐あたりでは、あられが強く降って来ました。
  ・沓掛山付近の設置温度計は-3度です。
  ・さあもう一息、頑張りましょう。
  ・16:10 無事下山しました。お疲れお疲れ! 
  ・さて、宮崎まで4時間の運転も頑張りましょう!
 029 下山


 やはり九重は、雪景色や霧氷が最高にいいですね。
 今シーズン初の白銀の世界、皆さん大勢来られていました。
 イーさんもやはり待ち構えたように来られてましたね。
 イーさん、山友の皆さん、坊がつるでテン泊しましょう~

   
 それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい

2013年12月05日 22:56

雪の久住、きれいでしたね。しかもテント泊いいですね。天気に恵まれ最高ですね。
私も行きたい!!
峰さんは相変わらず行動的ですね。!!

最高でした

2013年12月06日 09:37

ひむかさん、こんにちは。
二日間、白銀の久住を楽しんできました。
寒くても準備をしっかりしていれば全然問題ないですよ。
今度、テントを持って行きましょう!
次ぎ行くときは連絡します。

No title

2013年12月06日 13:19

お疲れさんでした!!「テント泊で凍死」のニュースがないかと心配しておりました(笑)今度テント泊歩きをする時には是非誘ってください。博多に置いたままになっていますので、車にテントを積んでおくようにしておきます。

行きましょう!

2013年12月06日 18:33

いーさん、こんにちは。
坊がつるのテン泊、快適でしたよ。
今度、雪がドカンと降ったときにテント泊しましょう。