山はごきげん!

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

東北の山へ(その3)!

2015年 10月05日 18:50 (月)

3日目は秋田駒ケ岳と八幡平(はちまんたい)です。
秋田駒ケ岳は日本二百名山、八幡平は百名山になります。

秋田駒ケ岳は八合目までバスで行けますし、八幡平も
頂上近くまで車で行けますので、今日の山歩きは楽チンです。

今日は景色と紅葉を十分に楽しみましょう!

そして下山後は、八甲田山の麓の酸ケ湯キャンプ場まで移動します。


【移動ルート】
  000 移動ルート



■ 場 所 : 秋田駒ケ岳 (1637m)・秋田県 (日本二百名山)
         八幡平 (1613m)・秋田県・岩手県 (日本百名山)
■ 日 時 : 2015年9月21日(月)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: ペア
■ コースタイム 

  【 秋田駒ケ岳 】 6:33 高原温泉発シャトルバス乗車
   登山口(7:08)⇒阿弥陀池(8:18)⇒男女岳(8:38-9:00)⇒
   阿弥陀池分岐(9:12)⇒八合目登山口(10:00)

  【 八幡平 】 レンタカーにて八幡平頂上へ移動  
   登山口(13:24)⇒八幡平山頂(14:19)⇒登山口(14:39)



■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  【 秋田駒ケ岳 】
  001 秋駒

  002 秋駒pf

  【 八幡平 】 
  003 八幡平



【 秋田駒ケ岳 】 
▼ 乳頭温泉キャンプ場からテントを撤収し高原温泉バス乗り場へ
  6:33発のシャトルバスを待ち、秋田駒ケ岳を見上げます。
  004 バス停


▼ 新道コースにて、朝日が当たり紅葉が綺麗ですね~
  005 片倉岳

  006 片倉岳

  007 紅葉

  008 紅葉


▼ 駒ケ岳(男女岳)を反時計方向に周ります。
  009 景色


▼ 阿弥陀池へ向かいます。
  010 阿弥陀池へ

  011 阿弥陀池へ


▼ 阿弥陀池にて、周りの紅葉が素晴らしい!
  012 阿弥陀池


▼ 男岳も美しいですね~ 稜線を歩いたら気持ち良いだろうな!
  013 男岳

  014 阿弥陀池

  015 阿弥陀池

  016 阿弥陀池

  017 男岳と阿弥陀池


▼ さぁ、次は男女岳へ向かいましょう!
  018 男女岳へ


▼ 秋田駒ケ岳(男女岳) 日本200名山ゲッツ!
  何という景色でしょうか、何も言えねぇ!
  019 男女岳


▼ それでは下山しましょう。
  旧道のコースで下山しましたが、旧道は崩落が進みかなり危険だった。
  やはり、横岳を縦走しながら焼森コースで戻るべきであった。
  020 下山


▼ 滑り落ちたらヤバかったが無事クリア!!
  021 下山


▼ ギリ間に合わず、次のシャトルバスを待ちます。
  次は、八幡平へ向かうよ、忙しいぞ!
  022 シャトルバス



【 八幡平 】 
▼ 秋田駒ケ岳から
  13:20 八幡平頂上へ到着、有料Pへ駐車します。
  031 八幡平


▼ 八幡沼にて、素晴らしい湿原です、花の時期は最高だろうね!
  032 湿原

  033 湿原


▼ ガマ沼にて
  034 ガマ沼


▼ 八幡平頂上
  1時間程で一周し、次は青森の酸ケ湯まで移動だ、忙しいぞ!
  035 八幡平頂上


▼ 東北自動車道、津軽SAにて休憩!
  036 津軽SA


▼ 17:30 酸ケ湯キャンプ場到着です。
  早速、テント設営し酸ケ湯温泉に入りに行きます!
  湯治場で有名な混浴の温泉場だが、シャンプー・石鹸が
  使えない、下山後はゴシゴシ洗いたいものだ!
  038 酸ケ湯キャンプ場


▼ 入浴後は、ビールで乾杯!!
  お疲れ! お疲れ!
  037 夕飯テント


   秋田駒ケ岳は200名山となっているが、自分的には
   十分100名山に相応しい素晴らしい山だと思う。
   選定するのに迷ったらしいが、良い山には間違いない!

   歳をとったらゆっくり歩いてみたいものだ!
   もう十分いい歳だって?!


  3日目無事修了!
  明日はいよいよ八甲田山だ!




   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント