山はごきげん!

04月 « 2016年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

GW (その2 涸沢~北穂高岳)

2016年 05月25日 11:49 (水)

さて、連休の後半からは単独で北アルプスの涸沢から穂高
(奥穂高岳または北穂高岳)に行く事にした。
立山の雷鳥沢でテントを張り、周りの山に登るのも考えたが
今回も昨年と同様に穂高にした。

GWの連休に入りすぐに穂高では天候が崩れ遭難や滑落
の事故がニュースで報じられている。
後半の天候も不安定な状況であり、雪のコンデションも気に
なるので涸沢で様子を見て判断する事にした。
幸いにも6日の朝はまずまずの天候だったので早めに
涸沢から北穂高岳へ向かった。




■ 場 所 : 北穂高岳 3106m (長野県・岐阜県)
■ 日 時 :  2016年5月6日(金)
■ メンバー: 単独 


 ★ 5/5(木) 曇り  小梨平~涸沢
 小梨平(7:10)⇒明神館(7:50)⇒徳沢園(8:35)⇒横尾(9:40-10:30)⇒
 本谷橋(11:22)⇒涸沢ヒュッテ(13:25) テント泊

 ★ 5/6(金) 晴れ のち 雨  涸沢テン場 ~ 北穂高岳 ~ 小梨平  
 涸沢テン場(5:45)⇒北穂高岳(8:48-9:20)⇒涸沢小屋(10:50-11:18)
 涸沢テント撤収(12:38)⇒横尾(14:54)⇒小梨平(17:18)

 ★ 5/7(土) 雨のち晴れ  上高地 ~ あかんだな駐車場 ~ 神戸港



【 2016/5/4(水)】
▼ 京都から名神高速と東海北陸道と走り高山から平湯へ
  15:50 のシャトルバスにて上高地へ
  001 あかんだな

▼ 登山届けを記入し小梨平のテン場へ向かいます。
  002 河童橋

  003 河童橋

▼ 受付を済ましテントを設営、そして食堂で生ビールと定食
  食後は、疲れていたのかテントに戻りバタンキューでした。
  004 小梨平



【 2016/5/5(木)】
▼ 夜中は雨が結構激しく降り、朝方は強い風が吹いてました。
  風が吹いたのでテントが乾いて良かった!
  朝7時、小梨平の食堂でソーセージと肉を買い出発!
  005 5日朝

▼ 先ずは、明神館まで景色を楽しみながら歩きます。
  006 明神館へ

  007 明神館へ

  008 明神館へ

▼ 7:50 明神館に到着、青空も出始めましたよ!
  雨が上がり本当に良かった!!
  009 明神館

  010 明神館

▼ 次ぎは徳沢園へ、途中ニリンソウの群落あたりに猿が数頭
  戯れていました。前はこの辺では見なかったよな!
  011 猿

  012 徳沢へ

  013 徳沢へ

▼ 徳沢園が見えてきました。
  少し休んで、次ぎは横尾だ!
  014 徳沢園

  015 横尾へ

  016 横尾へ

▼ 9:40 横尾に到着、鯉のぼり、今日はこどもの日だね!
  017 横尾

▼ 10時まで待って、ラーメンを注文、超うま!
  018 横尾

▼ 横尾からは涸沢を目指して進みます。
  019 涸沢へ

  020 涸沢へ

  021 涸沢へ

▼ 11:22 本谷橋まで着ました。
  022 本谷橋

▼ 今年は雪が少ないのか谷筋には雪がありません。
  橋を渡りここからアイゼンを装着して夏道を進みます。
  023 本谷橋

  024 本谷橋

  025 本谷橋

▼ 雪が多ければ沢を直登するルートです。
  026 沢筋

▼ 前穂が見えてきたかな?
  027 前穂

▼ やっと小屋(涸沢ヒュッテ)が見えてきました。
  028 涸沢ヒュッテ

▼ 13:25 涸沢に到着、お疲れお疲れ!
  029 涸沢

▼ 早速、テントの受付をして場所を確保です。
  前者の後を整地し、風が強いので更に掘り下げます。
  030 テント

  031 テント

  032 テント

▼ お、青空が出てきましたよ!
  033 青空

▼ テントも張ったし、涸沢ヒュッテで生ビールとおでんだな!
  これが最高、たまらんばい!
  034 おでん

▼ 穂高の上空も晴れて良い感じになってきました。
  035 穂高

  036 穂高

  037 穂高

  038 穂高

  039 穂高

▼ テント場も賑わっていますよ!
  040 テント場

▼ 皆さん撮影に夢中です!
  しかし、奥穂、北穂に登る斜面はツルツルだわ!
  041 穂高

  042 穂高

  043 穂高

  044 穂高

  045 穂高

▼ 最後にもう少し!!
  046 穂高

  047 穂高

  048 穂高

▼ 次ぎは、テントに戻って一杯やるか!
  小梨平で調達したソーセージがめっちゃ美味い!
  049 夕食

▼ そして涸沢の夜が更けていきます。
  いよいよ明日は北穂だ! 天気はどうだろうか?!
  050 涸沢夜


【 2016/5/6(金)】
▼ 朝5時、風も無く天気も良さそうだ!
  早速準備をして、5:45 出発だ!!
  登り口で長野県警の方が待機しており、今日の行動と
  装備(ヘルメット、アイゼン、ピッケル)を確認される。
  『今日は、上空も晴れてるので良い景色が見れるでしょう
  気をつけて行かれてください』 と声を掛けて頂いた。
  051 北穂へ
           北穂に向かう先行者

  052 奥穂へ
           奥穂にも何人か向かっています。

▼ 少し登って後ろを振り返ります。
  053 振り返り

▼ 今回は、雪と雨が降りそれに強風が吹いたので
  トレースも消えて、テカテカ状態を登るのは非常に怖い!
  標高2800m付近、油断すると滑り落ちそうだぜ。
  054 北穂へ

  055 北穂へ

▼ 8:45 どうにか北穂の肩のところまで着ました。
  056 北穂肩

▼ 8:53 北穂高岳(3106m) 3年連続やったぜ!
  057 北穂山頂

▼ 頂上からの眺めはやはり素晴らしい!
  058 山頂より

  059 山頂より

  060 山頂より

▼ おまけ、小屋の前で休憩している人にお借りました!
  061 山頂より

▼ 9:20 下山開始、下りも気を抜けないぞ
  062 下山

▼ 10:50 涸沢小屋到着~ 取りあえずビールとカレーだ!
  063 下山

▼ テントの数も少なくなってる!
  自分もテント撤収し小梨平まで、、、長いな!
  064 撤収

▼ どうしても、かえりみしちゃうね!
  このあと雨が降り出した、良かったよ下山の時で、、、
  065 下山

▼ 17:18 小梨平到着、ほんと長かった!
  食堂のラストオーダが17:20まで、危なかったぜ!
  066 食堂


【 2016/5/7(土)】 上高地は雨
  7:30 の平湯行きのバスに乗り帰りましょう!
  また高速で神戸港までの渋滞はどうだろうか?
  067 上高地

▼ ほとんど渋滞もなく余裕でフェリーに間に合った。
  明日の朝には自宅でゆっくりできるぞ!
  068 フェリー



  今回は早割りのフェリーを使っての計画でしたが、

  費用的にも航空機とさほど変わらないし、何しろ

  出先で車があるのは非常に便利が良いですね。


  前半は、おばさんと奈良の山も歩けたし、

  多少の観光もできたので良かったかな?


  後半は単独で涸沢から北穂高岳に登ることにしましたが、

  天候が不安定で遭難事故もあり微妙でしたが

  肝心なところはいつも晴れていたので最高にラッキーでした。



     今年も、とても素晴らしいGWでした。

     おしまい!!




   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
スポンサーサイト

GW (その1 奈良)

2016年 05月20日 17:00 (金)

今年のGWも長い休みを頂いた。


今回は、前半と後半とに分けて計画を立て

前半は奈良県の大台ケ原と大峰山に登ることにした。

どちらも日本百名山であり初めて登る山である。


後半は、単独にて北アルプスの北穂高岳に登ってきました。



先ずは、前半の奈良からレポートします。


▼ 4/29 19:10 宮崎カーフェリーにぎりぎり間に合った!
  フェリーは飲んでも寝台でゆっくりできるので楽だね。
  001 フェリー

▼ 翌朝 7:30には神戸港に到着です。
  002 神戸港

▼ 取りあえず六甲山へ行くことにします。
  どこが山頂なのか? 途中の縦走路を歩いてみました!
  003 六甲

▼ 次は六甲山牧場へ、のんびりしていて良いところだ!
  004 六甲牧場

  005 六甲牧場


▼ この後に高野山へ行く予定だったが、今日の宿泊地へ移動
  奈良 奥吉野 下北山村スポーツ公園キャンプ場
  設備は、コテージからフリーサイトまでとても充実している。
  勿論、我々はフリーサイトでテント泊です。
  006 キャンプ場


  すぐ側に下北山温泉 きなりの湯があるのでとても便利だ!


  さて、いよいよ明日(5/1)は大台ケ原だ!!

  西大台ケ原は事前申込みとレクチャーを受けなければならない!



■ 場 所 : 大台ケ原(日出ケ岳) 1695m 日本百名山【 奈良県 】
■ 日 時 : 2016年5月1日(日)
■ 天 候 : 晴れ  

■ ルート図  

  007 大台ケ原



▼ 8:30 からのレクチャー(30分)を受け先ずは西大台ケ原へ 
  西大台は立入り人数を制限しており、今日は40数名らしい!
  008 大台ケ原

▼ すぐに大台教会があるよ!
  009 大台教会

▼ 入り口に巡視員が2名おり、登録名簿との確認をします。
  そして反時計回りで、いよいよスタートです。
  010 西大台

▼ ゆるやかな調整地区を気分爽快に歩きます。
  011 西大台

  012 西大台

▼ バイケイソウの群落、7月頃が見頃らしいが素晴らしいだろうな!
  ユリ科で毒性があるので鹿にも食べられないらしい!
  013 バイケイソウ

▼ ミズナラの巨木、「かぼちゃの木」とも呼ばれているらしい。
  014 ミズナラ

▼ 展望台に到着、ここからは東大台の大蛇嵓(だいじゃぐら)が見えますよ!
  015 展望台

▼ つり橋を渡りスタート点(駐車場)へ戻ります。
  016 つり橋


▼ 次はひと休みして、(13:13)東大台ケ原へ向かいます。
  こちらは入山規制がないので登山者がいっぱいです。
  017 東大台

▼ 展望デッキにて
  018 展望デッキ

▼ 13:55 山頂デッキに到着です。
  019 日出ケ岳

▼ ここが山頂標識のようでした!
  020 日出ケ岳

▼ 次は、正木ケ原、大蛇嵓、シャクナゲ坂を経由し周回します。
  021 正木峠

▼ 正木峠 : 昔は、うっそうとした苔むす森だったらしい!
  022 正木峠

  023 正木原

▼ 牛石ケ原 : 美しい景色だ!
  024 牛石原

▼ 次は、西大台で遠望した大蛇嵓は絶景です。
  025 大蛇嵓


  シャクナゲ坂からシオカラつり橋を通り戻ります。

  16:49 無事に駐車場に到着です。


 さて、昨日のキャンプ場にもどりましょう!

 今日は、きなりの温泉に入り、生ビールと定食を注文、うまし!


    明日(5/2)は、いよいよ大峰山だぞ!





■ 場 所 : 大峰山(弥山・八経ケ岳 1915m) 日本百名山【 奈良県 】
■ 日 時 : 2016年5月2日(月)
■ 天 候 : 晴れ 



■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】
  026 大峰山

  027 大峰山pf 




▼ 弥山登山口の駐車場はめっちゃ混むらしいが
  なんとか停められた(1000円)
  8:49 スタート、今日もいい天気だ!
  028 大峰山

  029 大峰山

▼ いきなり急登が続き、やっと稜線に出ました。
  030 稜線

▼ 標高1600m、ブナの原生林が広がる世界遺産の弁天の森
  031 弁天の森

▼ 聖宝理源大師象でひと休み
  ここから弥山頂上まで急な登りなのです!
  032 聖宝理源

▼ いやー、実にきつい!!
  033 きつい

▼ 12:02 やっと弥山に到着
  034 弥山

▼ 大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)
  奈良吉野山と熊野三山を結ぶ修験道の修行場として開かれた道
  山上ケ岳が大峯山になり、女人禁制の山なので、縦走できるのは
  男性のみとなる。距離は諸説あり 90km~150kmまで。
  035 大峯奥駈


▼ 弥山山頂は弥山神社の方らしい
  036 弥山山頂

▼ 次は日本百名山の八径ケ岳に向かいましょう!
  037 八径ケ岳へ

▼ 八径ケ岳(1914.9m)近畿最高峰
  038 八径ケ岳

▼ 弥山小屋前の広場に戻り昼飯としよう!
  039 弥山小屋

▼ あとは一気に下山です。
  040 下山


    16:25 弥山登山口に到着、お疲れ様でした!!



  明日は、高野山へ行くことにしました!



▼ 5月3日(火) 高野山

  今回は時間が無くゆっくり出来なかったが

  次回は宿坊にでも泊まってゆっくり見学したいものだ!

  041 高野山


  042 高野山


  043 高野山


  044 高野山


■ 5月4日(水) 

  ・相方は京都を観光し、伊丹空港から最終便にて帰宅

  ・自分は京都から高速に乗り平湯から上高地へ




     涸沢から北穂高岳のレポートは次回!




   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
 

週末は海と山へ!

2016年 05月18日 17:36 (水)

先週末は海と山へ行ってきた!


5/14(土)、またしても南郷の栄松ビーチで

シーカヤックに乗ってきた。

カヤックのレンタルは2時間ほどで1,500円は

実に良心的だね!!

  001 南郷


   磯遊びで少し潜ったけど、まだ寒みかった!!



5/15(日)、韓国岳へ

  久しぶりに韓国岳に登りたくなった!

  今回は大浪登山口からの直登を登ることにした!!


  ▼ 10:29 登山口スタート
    002 大浪登山口

  ▼ 10:55 大浪池到着、ガスガスですな!
    003 大浪池

  ▼ 11:36 東回りで分岐点に
    004 分岐

  ▼ 12:20 韓国岳山頂に到着
    標識が新しくなっちょる、裏にあった温度計は無し!!
    005 韓国岳

  ▼ 外人さんがやたら多かったですねー
    頂上でコンビニ弁当を食べ下山!
    006 韓国岳

  ▼ 14:00 西回りで下山
    007 下山


     海にも山にも近いので、遊ぶには良いところだ!!



   連休のレポートはもう少しお待ち下さい m(_ _)m


春休み!

2016年 05月09日 12:17 (月)

      S001 北穂高

            S002 北穂高



  今年も豪華な連休(GW)を頂いた。

  そこで今回は、前半と後半に分けて計画をした。

  前半は、奈良県の大台ケ原とその周辺の山と観光

  後半は、単独にて北アルプスの北穂高岳に登ることにした。


  *詳細は別途レポートします。(多分遅くなるかも?)



  熊本県は震災で大変な事になっているのに申し訳ない m(_ _)m