山はごきげん!

05月 « 2015年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

大崩山とヤカンオトシ岩!

2015年 06月25日 14:42 (木)

6/21は、久しぶりに山行クラブの企画した大崩山に参加しました。
参加者は総勢10名、梅雨に入り雨が心配でしたが、まずまずの天候で
湧塚から山頂(自分はパス)へ、下山は坊主尾根の一般コースです。
今の時期は、ササユリやオオヤマレンゲが見頃なので花を探しながら
大勢での楽しい山歩きです。

前日は、公民館に前泊の為、大崩山と対峙する『ヤカン落し』
というダキのピークに3名で登ってきました。
その後、美人の湯に浸かり、公民館で他のメンバーを待ちます。
そして前夜祭のスタートです!!
翌日に備えて、”ほどほど”が”ついつい”はいつもの事なり?!



■ 場 所 : 大崩山・湧塚~坊主尾根 【 宮崎県 】
■ 日 時 : 2015年6月20日(土)・21日(日)
■ 天 候 : 21日:曇り  22日:晴れのち曇り
■ メンバー: 21日:3名  22日:10名(山行クラブ)
■ コースタイム 
  
  【6/21】
  登山口(11:10)⇒ヤカン落し(12:36)⇒小屋前渡渉ケ所(13:34-14:18)
   ⇒登山口(14:44)
  【6/22】
  登山口(5:40)⇒渡渉ヶ所(6:30)⇒袖ダキ(7:51)⇒上湧(9:48-10:13)
  ⇒りんどうが丘(10:38-10:59)⇒小積ダキ(11:35-12:42)⇒渡渉ヶ所
  (14:35)⇒登山口(15:20)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 


    今回は割愛します m(_ _)m


【6/20 ヤカン落しダキ 】 ふじさん、クゥさん
▼ 下の写真のところまで行きます。(写真は昨年3月のものです)
  001 ヤカン落し

▼ 11:10 いつもの登山口より出発
  002 登山口

▼ 大崩山荘の手前を北へ進み1097mのピークへ
  急登、湿度100%?、風なし、実に快適だ (^_^;)
  003 ヤカン岩へ

▼ ピークからは素晴らし景色 (^_^;)
  湧塚、小積ダキが見えますか?
  004 ピークから

  005 ピークから

  006 ピークから

▼ 変てこな木などを写し下山!
  007 下山

▼ 次は、明日渡渉する祝子川の水量を確認します。
  008 渡渉確認

▼ 沢靴・沢タビに履き替えて入念に調査します。(^_-)-☆
  009 水量


   水量の調査後?は、美人の湯に浸かり前夜祭の準備です。
   公民館には前泊者9名が集まりました。


【6/21 大崩山へ 】
▼ 21日朝、公民館を出発し登山口へ向かいます。
  010 21日朝

▼ 湧塚への渡渉ケ所、皆さん靴を脱いで渡ります。
  誰もドボンしなくて良かったですね~
  011 渡渉

▼ さあ、湧塚を目指して頑張りましょう!
  012 湧塚へ

▼ 袖ダキの手前で最初のササユリ発見!!!
  ちょっとオバサンっぽいが最初だから良いでしょう!
  013 ササユリ

▼ 定番の袖ダキからの下湧塚です。
  いよいよ、下湧・中湧・上湧と進んでいきますよ~
  014 下湧

▼ 後姿のササユリを発見! 清浄なうなじバイ!
  015 ササユリ

▼ ガスが出始め幽玄な景色が広がります。
  016 ワクと小積

▼ ワク塚を楽しむメンバー
  017 メンバー

  018 メンバー

  019 メンバー

  020 メンバー

  021 メンバー

  022 メンバー

▼ 岩と景色を楽しみ、そしてササユリ!!
  023 ササユリ

▼ 皆さんは上湧から大崩山山頂へと向かいましたが、
  私は途中で水を調達するため、りんどうが丘へ向かいました。
  水場には何とかと言う花が咲いていました。
  024 花

▼ 山頂行ったメンバー達とは小積ダキで待ち合わせます。
  分岐点あたりに咲いていたヒメシャラです。
  025 ヒメシャラ

▼ 坊主尾根の下山は梯子とロープの連続です。
  026 坊主下山

  027 坊主下山

▼ 下山路にもササユリがちょこちょこ咲いていました。
  028 ササユリ

  029 ササユリ

  030 ササユリ

▼ お、次は4輪のササユリ発見、これは期待できそうだぞ!
  何しろ4輪(駆動)だからな!!!
  031 ササユリ

▼ やっと渡渉の地点まで下りてきました。
  皆さん靴を脱いで渡ります。水の冷たいこと!
  032 渡渉

▼ 最後は揃って記念撮影し登山口へ
  033 渡渉集合

      *写真の一部はメンバーより提供頂きました。



  梅雨とササユリの時期とが重なるので行くチャンスが
  限られるが、今回は梅雨の晴れ間に大勢で大崩山を
  歩くことが出来ました。
  ご一緒して頂いた皆様に感謝申し上げます。


  大崩山は雨天時は沢も増水し岩も滑りやすいので
  行かれる方は十分注意して行かれて下さい。


 大崩はダイナミックな岩峰群やアケボノツツジ、ササユリ、
 オオヤマレンゲと楽しめる実に魅力のある山だ!
 今度はテント泊だな!!



  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

スポンサーサイト

雨の阿蘇・杵島岳へ!

2015年 06月17日 13:53 (水)

梅雨に入り勿論天気は悪いのだが、どこか行きたいね!
そうだ、久しぶりに阿蘇に行ってみよう?!
と言っても阿蘇中岳は火口から1キロは規制中なので
周辺をのんびりと歩くことにした。

雨の中をすたこら杵島岳を周回し、帰りは中岳へ向かう
遊歩道を廻り駐車場へ戻りましょう。

雨の中を2時間ほど歩くと身体も結構冷えてきたので
月廻温泉で温まってから帰ることにした!



■ 場 所 : 杵島岳(1321m)
■ 日 時 : 2015年6月13日(土)
■ 天 候 : 雨
■ メンバー: ペア
■ コースタイム 

  駐車場(11:52)⇒ 杵島岳山頂(12:21~13:01)⇒ 駐車場(14:12)

■ 阿蘇山周辺図
  001 阿蘇周辺


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】
  002 杵島岳

  003 杵島岳PF



▼ 11:52 雨ですがへこたれずに行こうや!
  004 スタート

▼ さー、杵島岳へ目指して頑張るぞー
  005 杵島岳へ

▼ 反対側には烏帽子岳が見えますね。
  調べたら3年前に烏帽子岳~杵島岳を歩いてましたね。
  006 烏帽子岳

▼ 何でしょうかね、この花は??
  自分は花の名前を全然憶えんのです!!
  007 花

▼ 30分で山頂だー、楽勝・楽勝・・・
  008 山頂

▼ 山頂を周回して降りましょう!
  009 周回


   下山途中でおでんを温めて食べ、

   遊歩道を遠回りして

   雨の中を心地よく歩いたのですた・・・


  下山後の楽しみは、
  月廻り温泉に根子岳を見ながら入ることだ!
  が、生憎にも曇天で根子は見れず (-_-;)
  晴れてれば、こんな感じ!
  010 月廻温泉

    でも雨降る露天風呂はちょー気持ち良い!!


    雨の休日だが楽しい一日だった!


   
  それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 

ミヤマキリシマ咲く九重へ!

2015年 06月12日 17:51 (金)

今年の九重連山のミヤマキリシマは虫害(尺取り虫)で平治岳は
特に酷いらしいが、それでも北大船山の山頂周辺が綺麗に咲い
ているとの情報を頂いた。

やはり九州に居れば、九重のミヤマキリシマをシーズンに1度は
行ってみたくなる。

梅雨入りしたばかりの週末であったが、予報は悪くない!
大混雑を覚悟で九重へ出かけることにした。

また、7日は久住山の山開きとの事らしい!



■ 場 所 : 大船山 (1786m)・平治岳 (1643m) 【 大分県 】
■ 日 時 : 2015年6月6日(土)・7日(日)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独
■ コースタイム 

  6/6 長者原登山口(9:09)⇒坊がつる(11:00-11:44)⇒大船山(13:10-13:25)⇒
     北大船山(13:45)⇒大戸越(14:32)⇒平治岳(15:00)⇒坊がつる(16:20)

  6/7 坊がつる(8:25)⇒長者原(10:30)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  001 九重山

  002 九重山PF


【6月6日 】
▼ 5時半に自宅を出発、3時間で瀬の本に到着!
  問題は駐車場だ、牧ノ戸はもう既に路上も1台の隙間もない
  長者原に向かうが、当然こちらも満車状態だ、だが奥のほうに
  奇跡的に1台空いていたので、長者原よりスタートすることにした。
  003 長者原

▼ タデ原湿原の木道もリニューアルされたようだね。
  004 タデ原湿原

▼ 新緑が気持ち良いですねー
  005 新緑

▼ 1時間ほどで雨ケ池に到着、山頂は曇ってますね~
  006 雨ケ池

▼ いよいよ大船山、平治岳が見えてきましたよー
  やはり山頂には雲が・・・
  007 大船山

▼ もうすぐ坊がつるだー
  テントを張ってから、大船山へ向かおう!
  008 坊がつるへ

▼ 5合目からの三俣山は雲が晴れて青空だよーん
  009 大船山5合目

▼ 段原手前からの大船山です
  010 大船山

▼ こちら北大船山の斜面にはミヤマキリシマが良い感じですね。
  011 北大船山

▼ 段原では天気も良く大勢の人たちで賑わってます。
  012 段原

▼ 段原から北大船山側のミヤマキリシマです。
  013 ミヤマキリシマ

  014 ミヤマキリシマ

▼ 取りあえず大船山へ行ってみましょう!
  015 大船山へ

  016 大船山へ

  017 大船山へ

▼ やっと大船山山頂に到着ー、素晴らしい天気だ!!
  山頂も大勢の人で賑わってるよ
  018 山頂

  019 山頂

  020 山頂

▼ 北大船山の周辺はミヤマキリシマが綺麗だよ~ん
  021 北大船山

  022 北大船山

  023 北大船山

▼ 北大船山から大戸越(うとんごし)まで降りて来ました。
  平治岳の南斜面は虫害で悲惨な状態です。
  024 平治南

▼ 平治岳の山頂付近はそこそこ咲いてますね。
  025 山頂付近

▼ 平治岳山頂に到着、
  ミヤマキリシマは残念だが、天気は抜群だ!
  景色も最高だね!
  026 平治山頂

  027 山頂風景

  028 山頂風景

▼ これは一度枯れてから復活してきたのか?
  それとも最後の灯火なのか?
  029 ミヤマ

▼ きれいに復活して欲しいものです。
  029-2 復活

▼ 南峰からは坊がつる、法華院が良く見えますね
  赤いテントが私のです! 見えるかて!!
  030 南峰より

▼ 坊がつるに戻ってきました、更にテントが増えてますね。
  031 坊がつる

▼ 法華院に温泉に入りに行きます、法華院のテン場も満杯だ!
  032 法華テン場

▼ 缶ビールを飲みながらテン場へ戻り、さあー夕飯だ!
  今回は生肉はやめて、ベーコンのブロックで炒めてみたが、
  冷凍にして肉を持ってくればよかった ┐(´~`;)┌
  インスタントの焼そばはなかなかでした (^-^)
  チタンのフライパンが焦げつく、チタンなのになぜ??
  焼酎をちびちび飲みながら、いつの間にか寝てしまったよ!!
  033 夕飯


【 6月7日 】
▼ あーよく寝た!!
  テントを撤収して帰ろう、今日は久住山の山開きだそうだが
  人が半端なく多いだろうから寄らずに長者原へ下りよう。
  034 7日朝

▼ 後ろ髪(白くて薄い)を引かれる思いで坊がつるを離れます。
  035 下山

▼ 途中、オオヤマレンゲが咲いてました、やっぱいいね!!
  036 オオヤマレンゲ


  梅雨入りしたばかりなのに週末は素晴らしい天気に恵まれ、
  久しぶりの九重を楽しめました。

  今年のミヤマキリシマは虫にやられちまったが、
  真っ赤に染まる平治岳を、また見たいものですね!!


 これから夏にかけての低山は暑くなるな~
 雪山の寒くピリッとする感じが恋しくなるよ!!

   「最近、ブログの更新が遅れ気味だ
   アップするのにアップアップしてます m(_ _)m 」



  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 


雨の高千穂峰へ!

2015年 06月01日 19:14 (月)

30日(土)の天気予報は悪く、また、昨夜は少し飲み過ぎて
9時過ぎまで、うようよと寝ていたら外の天気は晴天だ!
これは勿体無いと近場の山に出かけることにした。
やはり今はミヤマキリシマだろう!
そこで、高千穂峰に向かい家を出たのは10時を過ぎていた。

高千穂のビジターセンターに着いたのは12時を過ぎており
雨が本格的に降り始めてきちゃった!
一旦は、帰ろうと思ったのだが、ここまで来て帰るのも悔し
いので、こうなったら特訓のつもりで雨の中の出発だ!!



■ 場 所 : 高千穂峰(1574m)
■ 日 時 : 2015年5月30日(土)
■ 天 候 : 雨
■ メンバー: ソロ
■ コースタイム  

  登山口(12:15)⇒高千穂峰山頂(13:33-13:56)⇒登山口(14:38)
   (上り : 78分  下り : 42分 ) 


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  高千穂峰

  高千穂峰PF


▼ 登山口に着いたら結構な雨だ!
  ま、雨でもいいさ、今日は修行僧になろう!!
  12:15 鳥居をくぐりスタートです。
  003 鳥居スタート

▼ 20分ほどで樹林帯を抜けます。
  登山者はぞくぞくと下山してきますが、登る人は誰もいません (-_-;)
  004 樹林帯

▼ 斜面に咲くミヤマキリシマです。
  頑張って咲いてますね、美しい!
  が、稜線は雨と風が強く、忍耐と我慢の登りです。
  005 ミヤマ①

  006 ミヤマ②

  007 ミヤマ③

▼ 1時間ほどでお鉢の鞍部にある鳥居に着きましたが、
  雨と風とガスで視界悪しです!!
  008 お鉢鳥居

▼ 13:33 どうにか山頂に到着です。
  途中、ものすごい団体さんが降りて来ましたが、多さに唖然です。
  009 山頂

▼ 頂上も雨が強いので、小屋の中で昼飯を食べることにします。
  奥のテーブルでは数人のグループが休憩中でした。
  010 頂上小屋前

▼ 20分ほど休憩し下山開始、やはり雨ですね~
  011 山頂下山

▼ 下りは転げ落ちるように下山しましたー
  もう廃棄する靴とスパッツなので泥んこでも全然気になりません。
  012 下山途中

▼ ある程度濡れてしまうとびしょびしょになるのも平気だね!  
  ガキ
 子供の頃の泥遊びのようで楽しくなってくるぜ!!
  013 下山途中

▼ 14:38 鳥居が見えてきましたね、いい運動になったよ!
  014 下山鳥居


  晴れていれば綺麗なミヤマキリシマを観賞できただろうが、
  雨の高千穂峰も素敵だった、雨でも山は楽しい!!

  来週は、平治岳のミヤマキリシマに行こうと思っている!
  多分、梅雨に入り週末も雨だろうが、雨が何だ!!


   
  それでは、次回まで ごきげんよう!