山はごきげん!

04月 « 2015年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

規制解除の霧島山へ!

2015年 05月29日 18:19 (金)

春山から戻ってからも、雪の穂高の印象が強く残り
余韻に浸りつつ、週末の天気がどうも良くない。

23日朝の天気はまずまずだったので、規制解除された
韓国岳にミヤマキリシマを見に行くことにした



■ 場 所 : 韓国岳(1700m)
■ 日 時 : 2015年5月23日(土)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: ペア 



▼ 硫黄岳登山口からのスタートは久しぶりですね~
  (5月1日に規制解除されました)
  001 登山口

▼ 硫黄岳も少しおとなしくなったようです!
  002 硫黄岳

▼ やはり韓国岳にはミヤマキリシマが合いますね!
  003 ミヤマキリシマ

▼ 途中、甑岳と硫黄山を望みます。
  004 甑岳

  005 硫黄山

▼ 登山道のすぐ側で鹿が若葉を夢中で食べてました!
  こんなに近づいてもシカとです (-_-;)
  006 しか

▼ 1時間ほどで山頂です。山頂は風も強く陰りだしました。
  007 韓国山頂

▼ 昼は焼肉で、簡単でいいですなー
  008 昼飯

▼ 下りは一気に下山です。
  009 下山


  ミヤマキリシマは頂上付近はまだ蕾もあったので、
  もう暫く楽しめるかも?!

  硫黄山の規制は解除になったが、日本列島あちこちで
  噴火や地震が頻繁に発生している。
  大きな被害が出なければ良いのだが!!


 今日は確定申告も済ませたし、重い作業も終わった!
 ぱっと一杯行きますか?!


   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 


スポンサーサイト

春山その2 涸沢・北穂高岳!

2015年 05月16日 10:37 (土)

後半の2部は、上高地の小梨平からスタートです。
夜中の雨もすっかり上がり、テントを撤収し今日は涸沢まで
独特の美しい景色を眺めながら進みます。
涸沢で小屋に泊まるのも良いが、雪上にテントを張るのも
楽しみである。
今年は、昨年よりも雪が少なかったが、予定通り北穂高岳
にも相方と一緒に登れ、天気も良く素晴らしかった。
翌日の奥穂高岳はコンデションが悪かったので諦めて
涸沢岳に登ることにした。

行動中は一度も雨に降られず、稜線や山頂ではいつも
晴天で素晴らしい景色を堪能できた。
ほぼ計画通りに進められたのも天候が良かったからだろう!
お互いに日頃の行いだと言っているが、さてさて・・・

では、詳細をご覧下さい!



■ 場 所 : 北穂高岳 3106m・涸沢岳 3110m (長野県・岐阜県)
■ 日 時 : 2015年5月5日~5月8日
■ メンバー: ペア
■ コースタイム 
  
  ★ 5/5(火) 晴れ  小梨平~涸沢 

   小梨平(7:00)⇒明神館(7:37)⇒徳沢園(8:40)⇒横尾(10:06-10:36)
    ⇒本谷橋(12:13)⇒涸沢ヒュッテ(14:50)
  ★ 5/6(水) 晴れ  涸沢テン場 ~ 北穂高岳 
   涸沢テン場(6:38)⇒山頂下コル(10:00)⇒北穂高岳(10:15-11:35)
    ⇒涸沢小屋(13:13)
  ★ 5/7(木) 晴れ(午後 みぞれ)  涸沢テン場 ~ 涸沢岳 
   涸沢テン場(6:40)⇒穂高岳山荘(8:54-9:24)⇒涸沢岳(9:48)⇒
   穂高岳山荘(10:10)⇒涸沢テン場(11:47)
  ★ 5/8(金) 晴れ  涸沢小屋 ~ 上高地 
   涸沢小屋(7:27)⇒横尾(9:41)⇒徳沢園(10:55-11:40)⇒上高地(13:55)



■ ルート図  【Garmin OREGON 450TC 】 

  001 涸沢


【 2015/5/5(火)】
▼ 夜中は激しい雨が降っていたが、朝には上がり良い天気だ!
  小梨平の食堂で昨日購入した冷凍の肉とウインナーを受け取り
  ここで食材を調達できるのは非常に便利だね!
  さあ、出発だー
  002 小梨平

▼ 左手に明神岳を見ながら明神館へ進みます。
  1年ぶりにここを歩けるのは幸せなことだ!!
  003 明神館へ

  004 明神館へ

▼ 明神館でひと休みし、次の徳沢園へ向かおう!
  005 徳沢園へ

▼ 登山道の両側にはニリンソウの群落です。
  006 ニリンソウ

▼ 徳沢園手前の景色も素晴らしい!
  007 徳沢園手前

▼ 徳沢園に到着~ 連休の後半でテントはやや少なめかな?
  008 徳沢園

▼ 横尾手前の景色も良いね!
  009 横尾手前

▼ 横尾に到着~ 
  少し早いが昼食としよう! ラーメンが美味しいとか?
  010 横尾

  011 昼食

▼ さてこれからが本番だ! 涸沢まで頑張るぞー
  今日は5月5日 鯉のぼりがたなびいとるぜ!
  012 横尾大橋

  013 横尾大橋

▼ 屏風岩が見えてきましたね、天気も良く最高だ!
  014 屏風岩

▼ だんだん雪も多くなってきましたよ!
  015 本谷橋手前

▼ 本谷橋でアイゼンを着けて登ろう!
  016 本谷橋

▼ 急登ではないが、長い上りもきついなー
  017 涸沢へ

▼ やっと山並みが見えてきた!
  018 山並み

  019 山並み

  020 山並み

  021 山並み

▼ やっと涸沢ヒュッテに到着、小屋が見えてからが長かったー
  早速、おでんと生ビールでしょう!!
  022 涸沢ヒュッテ

▼ 一息入れてテントの受付をし設営だ!
  下山した人の敷地を借りてテントを張ろう!
  後方は、涸沢小屋ですよー
  023 テント設営

▼ 風除けに雪を盛って我が家の完成!
  024 テント設営

▼ 涸沢に夕日が沈む景色の中での夕食は、最高の贅沢だな!
  025 涸沢夕日

▼ 小梨平で買った肉とソーセージを炒め、ご飯を炊きます。
  このソーセージがめっちゃ美味かった!
  熱々のご飯に梅干もいいね!
  026 夕飯

▼ さあ、歯を磨いて寝ますか?!
  明日は、北穂高だぜ!!!
  027 涸沢の夜


【 2015/5/6(水)】
▼ テントで迎える涸沢の朝は格別だな!
  昨夜の最低温度はテント外 -2.9度、内 0.2度 
  たいした事ないね、冬の九重のほうが全然寒いわ!
  028 涸沢朝

▼ ピッケルにアイゼンにヘルメット準備はいいかな!!
  斜面はテカテカだね、滑らんよう集中、集中!
  029 北穂へ出発

  029 ② 北穂へ出発

▼ 黄色のラインが北穂岳へのルートですよ!
  030 北穂ライン

▼ 徐々に登って行こう! テント村が段々小さくなってくね!
  031 登り開始

▼ 段々と急になるけれど、高度も上がり景色も良くなるよ!
  032 登り途中

▼ 前穂も目線が平になってきたね、ちょっと休憩しよう!
  033 休憩

▼ 近くに見えてるが、遠いな~
  034 登り途中

▼ やっと山頂直下のコルまで登ってきました。
  035 直下コル

  036 直下コル

▼ 10:15 北穂高岳山頂(3106m)に到着です~
  037 北穂山頂

  038 北穂山頂

▼ 今年は昨年より雪がすくないですね!
  (上が今年、下が昨年です)
  039 北穂比較

▼ 頂上からは360度の素晴らしい眺望です。
  040 槍ヶ岳

  041 奥穂高

  042 前穂高

  043 展望

▼ テラスで槍ヶ岳を見ながらまったりです!
  044 北穂小屋

▼ ずっと眺めていたいが、そろそろ下山しよう!
  045 下山開始

▼ 登っている途中にこの石がゴロゴロ転がり落ちてきました。
  046 下山石

▼ 無事に下りてきました、涸沢小屋で休憩しよう!
  047 涸沢小屋

▼ 連休最終日はテント村も少なくなったな!
  048 テント村


  テントに戻り夕食の準備をしていると、昨年一緒に北穂に
  登った石井さんがテントまで来てくれた!
  1年ぶりの再会に、懐かしさと喜びて一杯だ!
  夜は恒例の歌声を涸沢小屋の談話室でやるとの事で
  お誘いを受け食後に小屋に伺い、山の歌などをたっぷり歌い、
  最後は、こんな感じで締めくりテントに戻ったのでした!
    048-2 歌声


【 2015/5/7(木)】
▼ 相方は、用事があるとかで1日早く一人下山となりました。
  オイラは奥穂高岳に行っちゃうよ!
  049 7日下山

▼ さて、奥穂へ向かおう、黄色のラインがルート
  050 奥穂高へ

▼ 約2時間ほどで穂高岳山荘に到着
  051 穂高岳山荘

▼ 奥穂高へ行こうと思案するもルートコンデションが悪い!
  今回は無理をせず涸沢岳に行くことにした (>_<)
  052 涸沢岳

▼ 涸沢岳からの景色も抜群だ!
  053 涸沢岳より

  054 涸沢岳より

▼ 無事に涸沢テント村まで戻ってきました。
  055 テント村

▼ 今夜は涸沢小屋に宿泊するので、テントを撤収するよ!
  片付けの途中でミゾレが降り出したのでヒュッテで休憩!
  056 ヒュッテにて

▼ ラーメンとビールを飲んでから涸沢小屋へ向かいます。
  057 ヒュッテにて


   涸沢小屋で宿泊の手続きをし、歌声メンバーの方達と合流!
   今日の宿泊者は全員で6名のようだ!
   夕食後は、6名で歌声を9時の消灯時刻まで実施する。
   消灯後も暫し談話して就寝!

  明日は、6時に朝食を食べてから4名で下山ですね。


【 2015/5/8(金)】
▼ 朝5時過ぎに小屋のデッキに出てみると、なんと雪景色だ!
  058 8日朝

  059 8日朝

▼ 1週間の山歩きも、いよいよ今日で下山だ!
  4人で下山するのだが、涸沢の景色に何度も振り返り
  返り見すれば・・・♪  の心境である!!
  060 返り見

▼ 屏風岩・・・・・・♪
  061 屏風岩

▼ 横尾につづく・・・・・・♪
  062 横尾大橋

▼ 徳沢園でカレーを食べて、ここでK堀さんとはお別れ!
  K堀さん、ウィスキーにワインご馳走様でした!!
  063 徳沢園

▼ あとは3人で上高地まで・・・
  064 上高地へ

▼ 素晴らしい青空と景色に、また感動です!!
  065 上高地

▼ 河童橋で記念撮影し旅の終わりです!
  電車で帰る予定でしたが、W辺さんが車なので
  八王子まで乗せて貰う事にしました!
  066 お別れ

   皆さん、本当にお世話になりました。
   ありがとうございました!
   また、どこかでお会いしましょう♪




  長い連休は山三昧の一週間でした。
  八ヶ岳は、重く大きい荷物での縦走は危ないな!
  今回は晴天で風もほとんど無かったので良かったが、
  雨や強風で荒れた時の岩場は危険だろう、
  もっと荷物を減らさなければなるまい!!
  今回は、涸沢での雪上テント泊もあるので、
  用意したギアはこんな感じです!!
  これだけで、4.7kg 以上あるのです。
    067 ギア


  昨年と同じく涸沢に入りましたが、やはり涸沢・穂高は
  最高に素晴らしい!
  しかし、今回も奥穂高岳の近くで事故がありましたが、
  やはり安全には十分注意しなければなりませんね。

  また、昨年ここで知り合った方々とも再会することができ、
  更なる交流を深められたらと思っているところです。


      来年の春も涸沢に行こうかな!!

      ”♪穂高よさらば、また来る日まで♪”


   おじさんと、おばさんの楽しい春休みでした!
   
   おしまい!!


   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
 

春山その1 八ヶ岳縦走!

2015年 05月13日 19:25 (水)

今年もGWに長期の休みがとれた!
今年の計画は、前半に八ヶ岳に登り、後半は上高地に移動して
涸沢から北穂高、奥穂岳へ登る少し欲張った計画です。
後半の涸沢は、昨年お知り合いになった方々との再会も計画の
ひとつである。

先ずは、前半の八ヶ岳からレポートしますが、八ヶ岳は夏沢峠を
境に北八、南八に分かれるらしく、今回のルートは茅野駅から
バスで渋の湯まで入り、ここから黒百合平まで上りテント泊
翌日は天狗岳(西天狗往復)・根石岳・夏沢峠・硫黄岳・横岳と
縦走し地蔵尾根より赤岳鉱泉まで下山し鉱泉前でテント泊。
翌日は赤岳鉱泉から美濃戸口まで下山し松本で蕎麦を食べ
新島々~上高地へ、小梨平にてテント泊

  ここまでを、春山その1にてお伝えします。
  涸沢・穂高は、春山その2にてお伝えします。

 今回は、パートナーとペアでの山旅です (^_^;) !


■ 場 所 : 天狗岳 2646m ・根石岳 2603m ・硫黄岳 2760m ・横岳 2829m
■ 日 時 : 2015年5月2日~2015年5月4日
■ メンバー: ペア
■ コースタイム 

  ★ 5/2(土) 晴れ 
    移動  7:18 新宿 - 茅野 (あずさ51号)
        10:25 茅野 - 渋の湯 (路線バス)  


      渋の湯登山口(11:30)⇒パノラマ分岐(12:43)⇒黒百合平(14:30)

  ★ 5/3(日) 晴れ
    黒百合平(6:15)⇒東天狗岳(7:47)⇒西天狗(8:08)⇒根石岳(8:50)
    ⇒夏沢峠(9:36)⇒硫黄岳(11:12)⇒硫黄岳山荘(11:49-12:19)⇒
    横岳(13:18)⇒地蔵の頭(14:40)⇒赤岳鉱泉(16:10) 

  ★ 5/4(金) 曇り
    赤岳鉱泉 ⇒ 美濃戸口
    移動 : 茅野 - 松本 - 新島々 - 上高地 - 小梨平


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  001八ヶ岳

  002八ヶ岳PF


【 2015/5/2(土)】
▼ 7:18発 臨時特急あずさ51号で新宿から茅野まで!
  003 新宿

▼ 茅野からは渋の湯行きのバスに乗りますよー
  登山者が並び始めました、ほぼ登山者で満席です。
  004 茅野駅

▼ 1時間ほどで渋の湯に到着、いよいよ登山開始です
  005 渋の湯

▼ 稜線出合までは急登が続きます
  006 登り

▼ 分岐でひと休み、鹿さんも歓迎してくれたか?
  007 分岐にて鹿

▼ 唐沢鉱泉の分岐あたりでは結構な雪です
  008 唐沢鉱泉分岐

▼ 黒百合平までもうすぐだ、頑張ろうー
  009 黒百合平手前

▼ 14:30 黒百合ヒュッテに到着~
  010 黒百合ヒュッテ

▼ テントの受付をしてラーメンを注文(醤油味でした)
  011 テント受付

▼ テン場は高山植物保護の為、張るエリアが狭いよー
  012 テン場

▼ 初日は焼肉だー、ビールと最高だな *^^*
  013 夕食

▼ 食後は高台に上がり夕日を眺めます
  014 夕日

▼ 陽も沈んだし、明日に備えて寝るか!?
  015 夕日とヒュッテ


【 2015/5/3(日)】
▼ 6:15 テントを撤収し出発だー、今日は長丁場だぞー
  016 2日目スタート

▼ 左が東天狗岳、右が西天狗岳(2百名山)
  017 天狗岳

▼ 遠方に峰々が見えるが山座同定できず (-_-;)
  018 眺望

▼ 雪の多い急斜面はアイゼンを付けて登ります。
  019 雪の急斜面

▼ いよいよ岩場を上れば東天狗岳だー
  020 東天狗岳

▼ 東天狗岳山頂にて!
  021 東天狗山頂

▼ オイラだけ西天狗岳へ往復します。
  022 西天狗へ

▼ 西天狗岳からの眺望です。
  023 西天狗岳

▼ 東天狗岳に戻り
  024 東天狗岳①

  025 東天狗岳②

▼ さて、相棒は先に行ってしまったので追いかけねば!
  根石岳から夏沢峠へ
  026 夏沢峠へ

  027 根石岳

▼ 根石山荘は立ち寄らず通過してしまった!
  028 根石山荘

▼ 夏沢峠にてひと休みし、次は硫黄岳に向かいますか!?
  029 夏沢峠

▼ 硫黄岳への登りがきつい ┐(´~`;)┌
  030 硫黄岳へ

  031 硫黄岳へ

▼ やっと硫黄岳山頂に到着~
  山頂はやたら広い、天気も良い・最高だな!
  032 硫黄岳山頂

▼ 正月2日に登った時に寒くて潜り込んだ小屋です
  (正確には、アメダスロボット雨量計跡らしい)
  Kさんと3人で潜った、懐かしいですねー
  033 雨量計跡

▼ さて、先へ急ごう!
  034 硫黄出発

▼ 硫黄岳山荘で昼食にしよう!
  035 硫黄岳山荘

▼ あの尖がりが横岳か!?
  ここからは富士山も見れたよー
  036 横岳へ

  037 横岳へ

▼ ここからは岩場のアップダウンが続くぞー
  038 横岳岩場

▼ 無事に横岳に到着~
  039 横岳到着

  040 横岳到着

▼ 赤岳展望荘が見えるがなかなか近づかない!
  ここの岩場のアップダウンも結構きついぞー
  041 地蔵の頭へ

▼ やっと地蔵の頭まで着ました、あとは下りだ!
  042 地蔵の頭

▼ 地蔵尾根は結構な積雪だ、アイゼンを装着!
  043 地蔵尾根

▼ 16:10 赤岳鉱泉に到着、テントを張ろう!!
  044 赤岳鉱泉

▼ 夕食は赤岳鉱泉で一人2000円也
  名物のステーキです、生ビールもうめぇ
  045 鉱泉夕食


【 2015/5/4(月)】
▼ さて、テントを撤収し美濃戸口まで下山しましょう
  046 下山

▼ 秋の紅葉の頃も良いだろうな~
  047 下山


   美濃戸口からは、9:25発の茅野駅へ
   茅野からJRで松本へ、松本で昼食後に上高地へ移動


▼ 上高地に到着、小梨平でテントの受付です。
  048 上高地

▼ テント設営後、風呂に入り食堂でビールに夕食!
  風呂にも入りビールも飲み最高だね!!
  049 小梨平


   さて、明日からは涸沢に穂高だ!
   春山その1  おしまい!!


  続きは、春山その2でお伝えします!!

   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
 

突然・大崩山へ!

2015年 05月01日 13:41 (金)

今週(4/25-26)は、連休に備え山の予定は入れず、準備をしようと
思っていたが、25日の朝は素晴らしい天気だ!
これは勿体無いと起き上がり、どっか出かけることにした。
先週は祖母山へ行ったので、何故か急に大崩山に行きたくなり
準備を進める。
今からだと時間的に中途半端なので、途中のりんどうが丘あたり
でツェルト泊でもいいやと考え、8時に自宅を飛び出した。

出遅れたこともあり、祝子登山口は超満車状態で、かなり離れた
ところに駐車する。皆さんアケボノ・ミツバツツジ狙いでしょうね!

ほとんど誰にも会うことなく袖ダキまで進むと、やっとアケボノと
出会う、今年はこのルートは少ないのだろうか?!

上ワクに上がった後、さてここからどうするかだな?
りんどうの丘に行こうと思ったが、以前に権七小屋谷から登り
詰めた縦走路の幕営地に行くことにした。

結局、ここにツェルトを張り野営することにし、翌日は鹿納山から
五葉岳と縦走し喜平越から下山することにした。
夏木山周辺から喜平越まではアケボノツツジ、ミツバツツジの
オンパレードで素晴らしい景色を満喫し、縦走とお花を楽しんできました。



■ 場 所 : 鹿納山(1567m)・お姫山(1550m)・五葉岳(1570m) 【宮崎県 】
■ 日 時 : 2015年4月25日・26日
■ 天 候 : 晴天
■ メンバー: ソロ
■ コースタイム 

  4/25 祝子登山口(11:00)⇒上湧(14:36)⇒大崩山分岐(15:35)⇒幕営地(18:00)

  4/26 幕営地(6:16)⇒鹿納山(6:34)⇒鹿納の野(7:39)⇒お姫山(8:26)⇒
     五葉岳(9:12)⇒夏木山分岐(10:24)⇒喜平越(13:00)⇒登山口(15:00)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  大崩山

  大崩山PF


【4月25日】
▼ 登山口は車がいっぱいでした。
  003 祝子登山口

▼ 山小屋の手前に咲いていたアケボノツツジ
  004 アケボノ

▼ 渡渉は水量が少ないので楽勝です!
  005 渡渉

▼ 袖ダキ手前からの景色です。
  006 袖ダキ手前

  007 袖ダキ手前

▼ やっと袖ダキに到着、久しぶりの下ワクだね!
  1200m付近からアケボノが咲きだしました。
  008 下ワク

  009 アケボノ

▼ 小積ダキと坊主岩(米塚)
  010 小積ダキ

▼ アケボノツツジ、ミツバツツジ、ちょっと少なめかな!
  011 アケボノミツバ

▼ 下湧塚に到着~ いい眺めだねー
  012 下ワク

▼ 下ワクから中湧塚です、てっぺんに2人いますね!
  013 中ワク

▼ 中ワクから上ワクを見上げます。
  014 中から上ワク

▼ 14:40 上湧塚に到着、ここもいい景色だ!!
  015 上ワクから

  016 上ワクから

  017 上ワクから

  018 上ワクから

▼ ヒメシャラとアケボノ、後方が大崩山
  019 大崩山

▼ 今回も大崩山山頂へは向かわず、野営地へ急ごう!
  020 野営地へ

▼ 奥の尖がりが鹿納山、あの手前まで行かねばならぬ~
  021 鹿野山

▼ 途中のミツバツツジが夕日に映えます。
  022 ミツバツツジ

▼ 18時、やっと野営地に着きました、疲れたー
  早速10分ほど下ったところに水を汲みに行きます。
  ちょろちょろしか出てないが、命の水だ、ありがたい!
  023 水場

▼ さて、暗くなる前にツェルトを張り一杯やろう!
  今回は焼酎ではなく、ブラックニッカだよー (^.^) 
  024 野営

▼ 夕日が沈み、、、月が出る、 Zzzzz
  025 夕日

  026 夕日と月


【4月26日】
▼ 昨夜は寒くて眠れんかったが、今日は天気がいいぞー
  027 26日朝

▼ 先ずは、鹿納山に到着ー
  028 鹿納山

▼ 鹿納山を振り返り
  030 鹿納山

▼ 7:39 鹿納の野に到着
  031 鹿納の野

▼ 振り返れば昨日歩いた大崩山、湧塚も遠くに見えてきた!
  032 振り返り

▼ 8:26 お姫山到着ー ここの眺めも最高だね!
  033 お姫山

▼ 振り返り、鹿納山
  034 鹿納山

▼ 先週歩いた祖母山系も見えてきた!
  左の黒いのは阿蘇山の噴煙だな!
  035 祖母山系

▼ いよいよ五葉岳がみえてきた!
  ここの分岐は三里河原の吐野につづくようだ!
  036 吐野分岐

▼ 五葉岳に到着ー
  037 五葉岳

▼ 夏木山への分岐です。今回は寄らずに先へ進みます。
  この周辺からアケボノとミツバツツジの共演が素晴らしかった!
  038 夏木分岐

▼ では少しご覧下さい!!
  039 花

    040 花

  041 花

  042 花

  043 花

  044 花

  045 花

  046 花

  047 花

▼ 大崩山、湧塚が正面に見えるところまで来ました。
  048 大崩山

▼ 今回はじめてシャクナゲの蕾を見つけました。
  今年は裏年なのか石楠花に花芽が付いてません (>_<)
  049 シャクナゲ

▼ アケボノとミツバは素晴らしい!
  特に大崩山周辺よりも夏木山から木山内岳の稜線が良いようだね!
  050 アケボノ


  軽めの山歩きを考えていたのだが、ついついハードな
  山行になってしまった。
  やはり大崩山は深くて、でかい山だ!!

 さて、いよいよ今週から春山だ!
 天気はどうだろうか?!
 (ブログは10日まで更新できませんm(_ _)m )

  
  それでは、次回まで ごきげんよう!