山はごきげん!

01月 « 2015年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

尾平越から九折越!

2015年 02月27日 17:37 (金)

九重のコンデションも微妙だし、週末の天気予報も思わしくない!!
でも何処かに出かけたい!
ならば、祖母山? か 傾山? テント泊か小屋泊か?
日曜(2/22)は100%雨だろうから、無理をせず楽な方にするか (^_^;)
などと考え、尾平越のトンネルのところから本谷山~笠松山から傾山へ
行くことにし、泊まりは大雨になるだろうから九折越小屋とした。


■ 場 所 : 本谷山(1643m)・笠松山(1522m) (宮崎県・大分県)
■ 日 時 : 2015年2月21日(土)・22日(日)
■ 天 候 : 21日 曇り / 22日: 雨
■ メンバー: ソロ
■ コースタイム 

  【 2/21 】
  本谷山登山口(9:20)⇒本谷山(11:54)⇒笠松山(13:16)⇒九折越小屋(14:56)
  【 2/22 】
  九折越小屋(8:18)⇒笠松山(9:53)⇒本谷山(11:39)⇒本谷山登山口(13:43)

 
■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  001尾平-九折

  002尾平-九折pf



【21日 本谷登山口 ~ 九折越小屋 】 

▼ 尾平越トンネルの宮崎側に駐車し、本谷山登山口より取り付きます。
  (古祖母方面には、駐車場側の古祖母山登山口より入ります)
  003 尾平トンネル

▼ 30分ほどで縦走路にでます。
  004 縦走路へ

▼ 稜線に上がると祖母山から大障子岩の稜線が望めますが、
  山頂は雲の中です。
  005 大障子岩稜線

▼ ブナ広場の水場付近には鹿よけの柵が出来てました。
  水場には柵の扉を開けて降りていきます。
  006 ブナ広場

▼ 途中の丸山を通り本谷山へ向かいますが、この辺りから
  曇りだして風も強く吹き始めました。
  また本谷山に向かうにつれ積雪があり凍って滑ります。
  007 本谷山へ

▼ 三国岩付近では人の踏み跡はなく動物のものだけです。
  008 三国岩

▼ やっと本谷山に到着です。
  本谷山の周辺はかなりの積雪で、しかも凍っています。
  009 本谷山

▼ 冷たい強い風が吹いて霧氷が出来かけています。
  010 霧氷

▼ トクビ展望台を経由して笠松山に向かいます。
  011 笠松山

▼ 笠松山頂にて傾山と歩いてきた本谷山を振り返ります。
  012 笠松山にて

▼ どうにか雨が降る前に九折越小屋に着きました。
  天気も悪く体力も限界なので、傾山に行くのはやめよう!
  今日はこの小屋に泊まりますが、まだ誰も居ません。
  多分この天気では誰も来ないだろうな!?
  013 九折越小屋

▼ 早速、見立て方面に下りたところの水場で水を汲み
  夕食の準備です。 小屋の温度は3℃くらいでした。
  014 夕飯

    一人で泊まる山小屋は気持ちの悪いものだ・・
    でも夜中に誰か入ってこられてもそれも気持ちが悪い!
    また、叩きつける雨が一晩中降り続き、明日が心配だ!!


【22日 九折越小屋 ~ 本谷登山口 】 

▼ 8時ごろ小雨になったので、気合を入れて出発しよう!
  昨夜の大雨で表面の雪が流れ下の氷が露出しツルツルだ・・
  015 下山

▼ しとしと降る雨のなか我慢の下山です。
  016 下山

▼ 本谷山を過ぎると雪は無くなるが、今度は、昨夜の雨で
  登山道は泥沼化し、滑りまくりの下山でした ┐(´~`;)┌
  017 下山


   天候が悪化するのを承知で出かけたのだが、
   2日間で出会ったのは一人だけ、最悪のコンデションで
   忍耐と孤独な山歩きだったが、これもよかろう!!


  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
スポンサーサイト

雲仙・普賢岳!

2015年 02月19日 18:05 (木)

昨年12月に社員旅行で雲仙に行ったときに、雲仙の温泉旅館に1泊し
翌日は普賢岳に登る予定でしたが、仁田峠の道路が雪で通行止めの為
登山は中止になり登れませんでした。
今回、急に雲仙に行こうと言う事になり普賢岳に登ってきました。

翌日(2/15)は、天草へフェリーで渡り海の景色と観光を楽しんできました。
(今回は、3度もフェリーに乗っちゃいました!)


■ 場 所 : 妙見岳 (1333m)・国見岳 (1347m)・普賢岳 (1359m) (長崎県)
■ 日 時 : 2015年2月14日(土)・15日(日)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: ペア
■ コースタイム 

 2/14 ロープウェイ乗場(11:23)⇒妙見岳(11:43)⇒国見岳(12:15)⇒
     普賢岳(13:11-13:33)⇒霧氷沢(13:44)⇒紅葉茶屋(14:12)⇒
     駐車場(14:46)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

  001雲仙岳

  002雲仙pf


【14日 雲仙・普賢岳 】 

 ▼ 自宅を7時に出発、高速にて一路熊本港へ
   9:25発 熊本フェリーオーシャンアローにて島原へ
   003 フェリー

 ▼ 今回は軟弱ですがロープウェイに乗っちゃいます。
   約3分で妙見岳駅に到着~
   ここから妙見岳⇒国見岳⇒普賢岳と周回します。
   004 ケーブル

   005 ケーブル

 ▼ 妙見岳駅の展望所より平成新山を見上げます。
   006 平成新山

 ▼ 登山道は結構な雪があり、アイゼンを付けます。
   007 登山道

 ▼ 12:15 国見岳到着です。抜群の天気ですよ!
   008 国見岳

 ▼ 歩いてきた妙見岳を振り返ります。
   次は普賢岳に向かいますが、150mほど下ってから上ります。
   009 妙見岳

 ▼ 13:11 普賢岳到着しました♪ 素晴らしい景色ですね!
   暖かく景色が良いので頂上でゆったりです!!
   010 普賢岳

   011 普賢岳山頂

 ▼ 次は、普賢岳から続く霧氷沢へ行ってみます。
   雪は多かったが霧氷は付いてませんでした。
   012 霧氷沢へ

   013 霧氷沢へ

   014 霧氷沢へ

 ▼ さて、それでは紅葉茶屋を経由して下山しましょう!
   登山口でもう一度振り返ります。
   015 下山後

 ---------------------------------------

 ■ 下山後は、雲仙温泉街にある雲仙地獄に行ってみます。
   016 雲仙地獄

 ■ さて、今日の宿泊先の雲仙温泉へ行こう!
   間違えました、雲仙休暇村の雲仙諏訪の池キャンプ場でした (-_-;)
   1LDK庭付きです。テントは4人用なので広々ですよ~
   017 キャンプ場


【15日 天草観光 】 

 ■ 今日は、島鉄フェリーで天草に渡り、島原の乱に始まるキリシタン
   弾圧の史跡や教会と美しい海を満喫しましょう!!
   018 島鉄フェリー

 ■ 先ず最初は、富岡城跡へ、現在各所を整備中でした。
   019 富岡城跡

 ■ あまり時間がないので次の大江教会へ急ぎます。
   大江教会は、昭和8年、フランス人宣教師ガルニエ神父が
   地元住民と協力して建てた白亜の教会ということです。
   020 大江教会

   021 大江教会

 ■ 次は、すぐ側の天草ロザリオ館です。
   隠れキリシタンの貴重な遺物を集めた資料館です。
   022 天草ロザリオ館

 ■ 次は、穏やかな羊角湾の漁村に建つ崎津教会です。
   023 崎津教会

 ■ 14:40 牛深港発のフェリーに乗り鹿児島に入ります。
   戸島の先が蔵之元ですね、あとは3時間ほどの運転です。
   やれやれ、お疲れ様でした!!
   024 牛深フェリー


   初めての普賢岳でしたが良い山でした。
   春のミヤマキリシマ、秋の紅葉の時期も良いだろうな! 
   次はゆっくりと温泉旅館にも泊まりたいものだ!!

  今回は山と海の景色を存分に楽しんだ2日間でした!
  これからは山と旅行のセットも良いかもですね!!


  
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

国富・盤木山(ばんぎやま)へ!

2015年 02月16日 18:46 (月)

今日(2/11)は、建国記念の祝日、どこか近場の山でも行ってこよう!
釈迦ヶ岳は、何度も登っているので、その東側の稜線にある盤木山へ
行ってみよう。
ここは登山者も少なく、またルートも不明確で、テープ等もまったく
見当たらないので、注分注意して登らなければならない!!

■ 場 所 : 盤木山 711m (宮崎県国富町)
■ 日 時 : 2015年2月11日 (火)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: ソロ
■ コースタイム 

  林道ゲート(9:55)⇒渡渉ヶ所(10:32)⇒盤木山(11:58-12:58)
  ⇒林道ゲート(15:25)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】
  盤木山

  盤木山pf 



▼ 法華院公園から深年川沿いの林道を進みます。
  約6kmほど進むと林道ゲートがあり、このゲートは鍵が
  掛かっているので、ここに車を停め林道を歩きます。
  003 林道ゲート

▼ 林道を3kmほど歩くと、右手に深年川へ下りるテープが見える。
  ここを下りて川を渡渉し、尾根を登り盤木山を目指すのですが、
  ここから先は、一切目印となるテープ等は見当たらないので
  読図の知識やGPSを活用できないと危険ですので用心して下さい。
  004 渡渉ヶ所

▼ 直登の尾根を登っていくと、標高550mあたりで広い林道に出た、
  更に林道を突っ切り尾根を登りつめると山頂だ!
  山頂からは、式部岳に続く稜線を1kmほど進み引返す。
  頂上で昼飯にして、後はひたすら下山です!!
  005 盤木山山頂


  誰も居ない、正規ルートでない道を歩くのはとてもスリリングだ!
  ただ調子に乗って迷子にならぬよう注意せねばならない。

  いつか釈迦ヶ岳から掃部岳~式部岳のルートを縦走したいものだ!!


   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 
 

九重へ再び!

2015年 02月13日 18:56 (金)

九重にまた雪が降り、今年2度目の雪中テント泊のチャンスだ!
山友に同行の御誘いをするも、日曜(2/8)の天候が荒れる予報の
ため急遽中止にし単独行で向かうことにした。
(予定を変更し申し訳なかったです m(_ _)m )
ただ日曜は予想通り大荒れで、安全的には単独で正解だった!?


■ 場 所 : 星生山 (大分県)
■ 日 時 : 2015年2月7日(土)・8日(日)
■ 天 候 : 7日:曇り / 8日:吹雪
■ メンバー: 単独
■ コースタイム 

  2/7 牧ノ戸登山口(9:38)⇒星生山(11:44)⇒避難小屋(12:25-12:50)⇒
     法華院温泉(14:07-15:13)⇒坊がつる(15:29)
  2/8 坊がつる(9:51)⇒すがもり小屋(11:36)⇒大曲(11:57)⇒牧ノ戸(13:00)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】
  001九重

  002九重pf

  003九重pf 



【17日 牧ノ戸峠 ~ 坊がつる 】 

▼ いつものように牧ノ戸登山口よりスタートします。
  004 スタート

▼ 三俣山も白く綺麗です!
  005 三俣山

▼ スタート時は、そこそこ晴れていましたが・・・・
  006 沓掛山より

▼ 星生山への途中ではガスと風が出始め・・・・
  007 星生山途中

▼ 山頂では突風ですぐに先へ進みます。
  008 星生山

▼ 久住分れ避難小屋でひと休みし北千里ケ浜へ下ります。
  視界は悪いが、風はそう強くはありません。
  009 北千里

▼ 法華院でひと休みしてから坊がつるへ
  010 法華院

▼ 法華院温泉そばのテン場にも数張りありますね、、、
  011 法華院テン場

▼ さあ、坊がつるへ行こう!
  012 坊がつるへ

▼ 坊がつるは30cmほど雪が積もっていますね。
  013 坊がつる

▼ 今日は、ここにテントを張ろうかな!
  014 テント張り

▼ スコップで雪を均しテントを張ります。
  今回は、冬用外張りなので回りに雪を盛ります。
  015 テント張り

  015-01 テント

▼ 周りは数張りです、やはり寒い日は少ないね。
  016 テント場

  暫くすると大分のKさんが来られました。
  新しいテントの初おろしとのことで設営の見学です。
  テント設営後は、飲み食べながら山談議です!!


【8日  坊がつる~大曲~牧ノ戸峠  】 

▼ 昨夜の最低温度は、外 -2.5℃ / 内 0.5℃
  1月よりは全然暖かい!
  017 温度

▼ しかし朝方は強風でテントが押し付けられるほど強烈だ!
  Kさんは、早く下山したのでテントはもう無い!
  風雪の中テントを撤収しオイラも引き上げよう!!
  018 撤収

▼ さて、この悪天候でどのように下山しようか、安全なのは長者原へ
  雨ケ池経由で帰るのが無難なのだが、車は牧ノ戸にあるし、、、
  かなり荒れているようだが取り合えす北千里ケ浜へ上がってみよう。
  019 法華院

▼ 法華院上部の林の中は風もそこそこだったが、上部の吹きさらして
  いるところは、雪も深く猛烈な風でなかなか進めない。
  020 法華院のうえ

▼ どうにか上部まで上がるも、今度は強烈な向かい風で顔が上げられず
  前にも全然進めない、更に周りはホワイトアウト状態だ!
  それでもどうにか、すがもりの分岐まで辿り着いた。
  この先久住分れには行かずに、すがもりから大曲に下りることにした。
  021 すがもり分岐

▼ すがもりから暫く下りたら、風も弱まり視界も良くなりだした。
  022 大曲下山

▼ 大曲到着、あとは車道を歩き牧ノ戸までだ!!
  やれやれ身の危険を感じたが、無事に下山できたぜ!
  牧ノ戸に着いた時には青空だ、なんてこった?!
  023 牧ノ戸到着

▼ 後は、埋まった車を雪から脱出させて、さあ帰ろう!!
  024 雪と車


  晴れた日の山歩きに越したことはないが、この様な悪天候を
  体験しておくことも落ち着いて行動するには必要なことかと・・・
  しかし山の天候は荒れると怖いね!
  皆さんも、どうぞ安全に登山を楽しまれてださい!!


   
  それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 

九重でお試しと訓練!

2015年 02月05日 13:37 (木)

冬季用の登山用品を購入する為、福岡の山専スポーツ店に行ってきました。
購入の目的は主に相棒の春山用のジャケットや登山靴、アイゼンなどです。
石井スポーツは、九州では福岡のみで山専用の商品が豊富に揃っており
また、セール品もあるので、この際まとめて購入することにしたのだが、
調子に乗って買いすぎた、海外旅行に行けるほどの金額だ (>_<)

買い物の後は、今回は「水炊き」ではなく「もつ鍋」を食べに天神へ!
土曜日の博多の宿泊はどこも満室なので、筑紫野のホテルに宿泊

翌日(2/1)は、早速購入したアイテムの感じを確かめるため、福岡から
九重へ直行することにした。
九重は前日にも雪が降ったようで、しっかり積雪しており、また天候も
良く、絶好のコンデションで購入品のお試しと訓練ができました。


■ 場 所 : 久住山(1787m)・中岳(1791m)・天狗ケ城(1780m)
■ 日 時 : 2015年2月1日(日)
■ 天 候 : 晴天
■ メンバー: TOCHI、MINE 2名
■ コースタイム 

  牧ノ戸(9:43)⇒久住山(12:10)⇒中岳(13:47)⇒天狗ケ城(14:04)
  ⇒牧ノ戸(16:03)


【 2015/1/31(土) 博多にて 】

 ▼先ずは、IBS福岡店にてお買物です!
  冬物は、11月頃より店頭に並ぶとのことで、
  今時期では好みの色やサイズなども限られます。
  厳冬期用の登山靴もサイズがありませんでした (-_-;)
  あれこれ買いまくり、外はもう暗くなっていました。
  001 IBS買物

  002 天神

 ▼ さあ、買物の次は「もつ鍋」です!!
  003 もつ鍋

 ▼ 食事の後は、ホテルで買物のチェックです。
   Mammut、North Face、Haglöfs、Zamberlan、Grivel
  004 買物


【 2015/2/1(日) 九重へ 】

 ▼筑紫野から九重へ向かいます。
  昨夜は雪が降ったようで路面が凍結してます。
  長者原でタイヤチェーンをつけ牧ノ戸峠まで行こう!
  005 牧ノ戸へ

 ▼ 9時ごろ牧ノ戸に到着しましたが、駐車場はほぼ満車です。
  006 牧ノ戸峠

 ▼さあ、早速12本爪のアイゼンをつけて出発です。
  スタート時は非常に寒く、手が悴むほどでした。
  007 身支度

  008 スタート

 ▼最初の登りがきついが、登山靴とアイゼンは調子良さそうです!
  新しいジャケットも暖かそうだね。
  「暖かいか?」と聞いたら、「あったかいーんだから」 だと!m(_ _)m
  009 登りはじめ

 ▼ 霧氷がめっちゃ綺麗ですね!!
  010 霧氷

 ▼ 阿蘇山も良く見えますね、今日は噴煙が少なめです。
  011 阿蘇の眺め

 ▼ 山頂はガスっていますが景色は素晴らしいです!
  012 久住へ①

  013 久住へ②

  014 久住へ③

  015 久住へ④

 ▼ 上空のガスも流れ青空が出てきましたよ~
  016 久住へ⑤

 ▼ 星生山への分岐ではすっかり晴れてきました。
  017 久住へ⑥

  018 久住へ⑦

  019 久住へ⑧

 ▼ 久住山が見えてきました。素晴らしい景色です!!
  020 久住山

  021 久住山

  022 久住山

  023 久住山

 ▼ 避難小屋が見えてきましたね!
  024 避難小屋

 ▼ 久住山に到着~ 最高の景色です!!
  025 久住山

 ▼ 山頂で昼食、ラーメン、おにぎり、サンドイッチ旨い!!
  026 昼飯

 ▼さて、次は御池から中岳と天狗ゲ城へ行こう。
  いやー最高の天気だ、素晴らしい!
  027 御池へ

  028 御池へ

  029 御池へ

  030 御池へ

 ▼ 御池は勿論凍結していますが、更に雪が積もってます。
  031 御池

 ▼ 中岳山頂です。360度素晴らしい景色ですよ~
  032 中岳

  033 中岳

  034 中岳

 ▼ 次は天狗ケ城です。
  035 天狗ケ城

  036 中岳と御池
  
 ▼すっかり楽しんだので、そろそろ下山しましょう。
  帰りはワカンを履いて感触を試しましょう!
  やはりワカンを付けた方は沈みませんね!!
  037 ワカン

   登山靴とアイゼンの相性も良く、快適のようだ!
   ジャケットとフリースも暖かく気に入ったかな?
   お試し山歩き、最高の天気で楽しい一日でした!!

   これで、5月の連休は北アルプスかな!?

  
  それでは、次回まで ごきげんよう!