山はごきげん!

03月 « 2014年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

無事帰って来ました!

2014年 04月26日 13:21 (土)

5月6日、春山遠征より無事帰ってきました。
予定より少し変わりましたが、燕岳、北穂高、奥穂高は
晴天で素晴らしい景色を堪能でき、感動ものでした。
また、素敵な山の友との出会いもあり、最高の山旅となり
ました事を感謝しております。

レポートの詳細は、別途お伝えいたします。

写真の枚数が多く時間がかかりそうなので、ちょっとだけ!

▼ 奥穂高岳より槍ケ岳
  CIMG7665.jpg

▼ 奥穂高山頂にて
  CIMG7664.jpg

  CIMG7669.jpg

▼ 燕山荘前にて
  CIMG7563.jpg

▼ 北穂高岳山頂より
  DSC_0018.jpg

  DSCF2518遂に北穂山頂に9時45分頃

▼ 北穂高小屋まえにて
  DSCF2549北穂小屋前で


早めに編集しアップしますので暫くお待ち下さい!!

スポンサーサイト

日本三大修験山の英彦山へ!

2014年 04月22日 18:35 (火)

今週(4/19-20)は、山の会(山好クラブの)の企画に参加しました。
初日は、英彦山で高住神社から望雲台を経由して英彦山北岳へ
中岳(神宮上宮)・南岳を往復し奉幣殿を経て別所駐車場へ下山
するコースです。
二日目は、大日ケ岳と釈迦ケ岳へ登る予定です。

初日の英彦山は予定通り実施できましたが、翌日は雨のため
山は中止にして、帰路 熊本の菊池渓谷を散策する事になりました。

■ 場 所 : 英彦山 1200m (福岡県田川郡・大分県中津市)
■ 日 時 : 2014年4月19日 (土)
■ 天 候 : 曇り
■ メンバー: 山好クラブ 7名
■ コースタイム 

  高住神社(10:37)⇒望雲台(11:01)⇒北岳(12:03)⇒英彦山上宮
  (12:25-13:00)⇒南岳(13:13)⇒奉幣殿(14:35)⇒別所P(14:58)

■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】

  英彦山①

  【歩行 : 6.5km ・ 4時間21分 : 上り 600m・下り 740m 】
 英彦山PF


▼ 途中、道の駅・小石原により、小石原焼きの湯呑を購入
  003 小石原

▼ 10:37 高住神社よりスタートします。
  004 高住神社

▼ 随分細く尖がったものですね
  005 奇岩

▼ この花は何でしたっけ (-_-;)
  006 花

▼ 望雲台へ鎖場の壁を上ります。てっぺんは絶壁ですよ~
  007 望雲台

▼ 玄海ツツジとヒカゲツツジのコラボです。チョー珍しい、とか
  008 玄海ツツジ

▼ 岩の上にもツツジが咲いてます。
  009 岩とツツジ

▼ 北岳山頂です。雪の影響でしょうか?倒木が目立ちます。
  010 北岳

▼ 英彦山中岳(上宮)で記念撮影です。
  011 山頂

▼ 南岳山頂です。中岳より南岳の方が高い気がしますが?!
  012 南岳

▼ 奉幣殿まで下りてきました。やれやれ!
  013 奉幣殿

▼ シャクナゲ、ミツバツツジも綺麗ですね
  014 はな

▼ 別所駐車場へ下山、豊前坊駐車より車を回収します。
  015 下山

▼ なかま温泉で汗を流します。300円
  入浴後は、食料の買出しをして、いーさん宅にお世話になります。
  016 なかま温泉


英彦山は、紅葉の時期に南岳から鬼杉へ下りる周回ルートも歩いて
みたいし、雪の裏英彦山道も歩いてみたいですね。
二日目の山歩きは中止になりましたが、菊池渓谷を散策できたのは
嬉しい誤算でした。
紅葉の時期は最高だろうな! もう一度来よう♪

英彦山を下山後は、温泉に入り日田にお住まいの山の会のお宅に
お世話になり、山菜の天ぷらや焼酎を飲みながら楽しい山談義で盛り
上がり楽しい夜でした♪

皆さん、お世話になり、ありがとうございました。

   
  それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 

可愛岳(えのたけ)へ!

2014年 04月16日 18:49 (水)

金曜(4/11)までは晴天で初夏の陽気でしたが、週末は雨の予報です。
遠出を考えてましたが、雨なのでドライブがてら、開通した東九州道を
通って延岡へ行ってみようか!
延岡ならば、今まで登ったことの無い可愛岳に行ってみようか?
西郷資料館の駐車場より北コースから入り、烏帽子岳を経由し可愛岳へ
下山は前屋敷まで戻り、分岐より南コースの周回としました。

西南戦争の末期(1887年)、西郷隆盛が率いる薩摩軍は官軍の
包囲網を突破し、可愛岳山頂を抜けて逃走した道である。


■ 場 所 : 可愛岳 727.7m/烏帽子岳 595.4m(宮崎県延岡市)
■ 日 時 : 2014年4月12日 (土)
■ 天 候 : 曇り のち 雨
■ メンバー: 2名 TOCHI、MINE
■ コースタイム

  西郷資料館登山口(10:25)⇒烏帽子岳(12:05)⇒可愛岳(12:59-
  13:25)⇒南コース分岐(14:00)⇒西郷資料館登山口(15:10)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】

  可愛岳

  【歩行 : 9.0km ・ 4時間45分 : 累積高低 830m 】
  可愛岳PF

▼ 西郷資料館の駐車場からスタートします。
  マムートのザックはTOCHIさんが東京へ行った時のお土産です。
  003 登山口

▼ 可愛嶽突破路と説明板です。
  004 突破路

▼ 記念撮影後、北尾根コースへ向かいます。
  すぐに庚申塔もありました。
  005 北登山口

▼ ヤマツツジやミツバツツジも所々に咲いています。
  005-2 山ツツジ

  006 ミツバツツジ

▼ 登山道はなかなか歩きやすいですよ!
  007 登山道

▼ やっと烏帽子岳まで着ました。
  TOCHIさんは、最近運動不足なのでヘロヘロです。
  008 烏帽子岳

▼ 前屋敷から稜線まで上り、何度かアップダウンを繰り返すと可愛岳です。
  道の駅・はゆまで買ったお弁当を食べますよ♪
  009 可愛岳

▼ 弁当を食べたら、後はひたすら下山です。
  南ルートはザレ場あり、展望なしで、登りは北ルートで正解かな?
  010 下山


都農から日向までの間に見える太平洋の景色をTOCHIさんに見せて
やりたかったのですが、生憎の雨で残念でした!!
可愛岳はもっと簡単に登れる山かと思っていましたが、周回コースは
なかなか侮れない楽しい山でした。

薩摩軍は、敗走路としてここ可愛岳から霧立越の向坂山から熊本へ
と進んだのでしょうね!!
   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 


中山(都城市)読図登山!

2014年 04月11日 18:32 (金)

5日に韓国岳を朝駆けした後は、山好クラブの計画している読図登山に
参加する為、都城市の高崎総合運動公園へ向かいます。
今回は低山ながら中山(347m)、茶臼ケ陣山(196m)、城山(197m)
の3座に読図にて登ります。
下山後は、温泉に入りリーダーの隠れ家で焼肉BBQ会の予定です。
実は、これが今回の一番の楽しみです!!


■ 場 所 : 中山 347m・茶臼ケ陣山 196m・城山 197m (宮崎県都城市)
■ 日 時 : 2014年4月5日 (土)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 山好クラブ 6名
■ コースタイム

  ① エスパたかざきP(9:43)⇒中山頂上(10:50)⇒登山口P(12:07)
  ② 登山口P(13:16)⇒茶臼ケ陣山(13:26)⇒登山口P(13:37)
  ③ 城山


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】

  中山

  中山②

  中山PF


▼ ラスパ高崎の駐車場に集合し、先ずは見晴台に向かいます。
  004 見晴らし台

▼ 途中、289ピークを確認し中山山頂へ向かいます。
  頂上には送電用鉄塔があり、そこから高千穂峰を望みます。
  005 頂上より

▼ 下山時の八重桜です。下山後は昼食です。
  今回は写真がめっぽう少ないですね (>_<)
  006 八重桜

▼ 次ぎは車で移動し茶臼ケ陣山へ向かいます。
  山頂には一応、三角点もあります。
  往復20分でした。 (^_^ゞ
  007 茶臼ケ陣山

▼ 次ぎは、城山に向かいます。
  高台が駐車場になっており、そこの広場が頂上でした。
  城山は安永城跡とのことです。
  008 城山

  009 城山②

▼ 温泉で汗を流した後は、リーダーの隠れ家で焼く肉です。
  ひむかさんからは、自分で釣ったイカの差し入れがあり
  これが超・超・美味しかった!!ありがう!
  食べるのに夢中で写真がまったくありません。
  010 焼肉①

  011 焼肉②


山に登り、下山後は温泉に入り、ビールに焼肉は最高の
泊まりならではの楽しみですね!
2次会は部屋の中で山のビデオや山談議で盛り上がりました。

リーダー&参加の皆様、大変お世話になりました。
   
  それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 

韓国岳へ朝駆け!

2014年 04月07日 18:03 (月)

今日(5日)は、山好クラブの行事に参加する予定ですが、その前に
単独で韓国岳に朝駆けをしてから参加することにしました。

山の会の予定は、都城市の中山、茶臼ケ陣山、城山の3座に登り
下山後は、リーダーの隠れ家にて焼肉の宴会が計画されてます。
朝から晩まで楽しみが一杯です♪


■ 場 所 : 韓国岳 1700m (鹿児島県・宮崎県)
■ 日 時 : 2014年4月5日 (土)
■ 天 候 : 晴
■ メンバー: 単独
■ コースタイム

   韓国登山口(4:20)⇒韓国岳山頂(5:30-6:20)⇒登山口(7:00)


▼ 登り始めは星も綺麗に出ているので、朝日も期待できるかな♪
  高千穂峰の方向からうっすら白みはじめてきました。
  頂上では常連さんなど、10名ほど待機しています。
  001 日の出前

▼ 大浪の池と周辺です。
  002 大浪池

▼ 韓国岳と新燃岳の火口です。
  003 火口

▼ 高千穂峰ですが霞んでいますね、MP2.5の影響でしょうか?!
  004 高千穂峰

▼ 日が出始めてきました。
  005 日の出

  006 日の出②

▼ 風が強くすっかり冷えちまった、さあ下山しよう!
  007 下山


山頂では朝駆けの常連さんらしき人とお話をすると、最近はPM2.5の
影響か霞んでいてなかなか良い写真が撮れないとのことでした。
たしかに黄砂やらPM2.5など、最近はPM0.5も混じっているらしく
雲が無いのになんとなく霞んでいますね。
しかし、山頂は突風が吹いており寒かったなぁ~
さて、次ぎは山の会の集合場所(高原)まで、Let's go !!

   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

雨の桑原山!

2014年 04月01日 18:29 (火)

週末は、雨の予報なのでどこか手ごろな山はないだろうか?
大崩山周辺はどうだろうか、わく塚から坊主尾根は雨で危険だろうし
まだアケボノツツジには少し早いだろうから、それでは登っていない
桑原山(くわばる)に登ることにしよう!
コースは、美人の湯の駐車場から矢立谷を登りつめ矢立峠へ
矢立峠からは尾根つたいに桑原山山頂へ、下山コースは木山内岳
方向に進み、途中の万次越付近より南に直下し武平谷に沿って下り
車道に出てから駐車場までもどるコースを設定しました。

このコースを実際歩いてみると、実に厳しく険しい難路(悪路)であり、
特に矢立峠からの登りは、急登の連続で悲鳴がでるほどでした。
また、下山コースは一般ルートではないので、道なき道をひたすら
進む、とてもスリリングで精も根も尽き果てました。


■ 場 所 : 桑原山 1408m (宮崎県延岡市)
■ 日 時 : 2014年3月30日 (日)
■ 天 候 : 雨 のち 曇り
■ メンバー: 単独
■ コースタイム

  美人の湯P(7:25)⇒矢立峠(9:35)⇒桑原山(11:12)⇒
  万次越(11:53)⇒車道出会(14:00)⇒美人の湯P(14:34)


■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

 001 桑原山

  【歩行 : 11.0km ・ 7時間9分 : 累積標高 1080m 】
 桑原山PF


▼ 前日は、美人の湯に入り、近くの大崩研修棟に泊まる予定で
   したが今日は泊まれないとのことなので、車中で過ごしました。
  003 前日

▼ 7:30 小雨が降るなか美人の湯駐車場を出発します。
  始めは赤テープが分かりづらく慎重に進みます。
  004 出発

▼ 途中、アセビが綺麗に咲いていました。
  005 アセビ

▼ 雨の中、暗い林の中を進み、やっと矢立峠まできました。
  ここから山頂までの登りが死ぬほどきつかった。
  006 矢立峠

▼ 桑原山でしょうか? やっと見えてきました。
  もう、いいかげんにしろ! という心境です (>_<)
  007 山頂手前

▼ スタートから4時間弱でやっと桑原山山頂へ到着しました。
  曇っているので、ほとんど展望はありません (-_-;)
  少し休憩して、さっそく下山します。
  下山は、木山内岳方面に向かい途中から南下します。
  008 桑原山

  009 山頂展望

▼ 万次越付近から南に下降します。
  このルートはテープ等いっさい無いので地図とGPSが頼りです。
  010 万次越

▼ 途中、ミツバツツジも咲いていましたが、下山に必死です。
  011 ミツバツツジ

▼ やっと車道近くまで下りてきました、なげかった~
  靴もズボンも泥だらけになっちまったぜ!!
  012 下山

▼ 車道を歩きながら撮影しました。
  013 山

  014 山

  015 花

▼  やっと美人の湯まで下りてきました、お疲れ・お疲れ!
  016 美人の湯


雨の日、一人しんみり山歩きも乙なもんかな?
なんて、そんな呑気なものではなかった!
最初から最後まで気を抜けない過酷なものでした。
もう一度行きましょうと言われたら、 (^_^;) 、m(_ _)m

帰りは、高速が高鍋と日向が繋がったので、宮崎と延岡が
随分、早く楽になりましたね。
また、高鍋-日向間で見える太平洋の景色は抜群ですよ♪

   
  それでは、次回まで ごきげんよう!