山はごきげん!

09月 « 2013年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

大浪池周回!

2013年 10月22日 18:20 (火)

今日(10/20)の午後は天候が回復する予報なので、えびの高原の
紅葉もそろそろと思い、ちょっと様子を見に行ってきました!
生駒高原を過ぎた1号線の道路沿いも綺麗な紅葉が見られるのですが、
まだ全然色づいていません。
今回は、韓国岳には登らずに、大浪池を左回りに1週することにして
途中の景色の良いところで昼食を摂り、のんびりと周回します。
紅葉は少し色づき始めた程度で、見頃はこれからでしょう。

一番の見頃のころは駐車場は勿論、道路沿いにも止めるところが
無いくらい混雑しますので、これから行かれる方は、要注意ですよ。

■ 場 所 : えびの高原 大浪池 (鹿児島県)
■ 日 時 : 2013年10月20日 (日)
■ 天 候 : 曇り
■ メンバー: 単独 

■ コースタイム
  登山口(10:50)⇒ 大浪池(11:27)⇒ A地点昼食(11:53-13:00)
   ⇒ B地点(13:26)⇒ C地点(14:00)⇒ 登山口(14:25)  

■ ルート図  【Garmin OREGON 450TC 】
 大浪池

■ 高度プロファイル
大浪PF 


▼ 石段の登山道です。まだ紅葉はしてませんね。
 001 登山道

▼ 大浪池の入り口まできました。雲がかかっていますが韓国岳が見えます。
 002 大浪池

▼ 韓国岳も大浪池も綺麗ですね。
 003 韓国岳と大浪池

▼ 少し紅葉しかけています。景色のいいところで昼食です。
  今、EPIのシェラカップを注文しています。早く届かないかな!
 004 紅葉・ランチ

▼ 韓国岳の頂上が晴れてきました。
 005 韓国岳

▼ 帰りに韓国岳と大浪池を1枚パチリ(絵になりますね)
 006 韓国岳

▼ 帰路、桜島がよく見えましたので、車を止めて1枚
 007 桜島


また台風が、ダブル(27,28号)で日本に接近していますね
伊豆大島では、これ以上の被害が出ないよう祈るばかりです。


   
 それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 





スポンサーサイト

雨の猪八重渓谷!

2013年 10月21日 19:00 (月)

今週は、山好クラブの企画で大崩山の紅葉を楽しむ予定でしたが、今週も
台風の影響で、また中止になってしまいました。
体調も先週の祖母傾の縦走後に、風邪を引いてしまいパワーがでません。
そこで、今週は無理をせず雨がしとしと降る猪八重渓谷を、静かに歩いて
みようと日南市北郷町へ出かけました。

日南市の観光案内によると
猪八重渓谷は、五重の滝を中心に20数カ所の滝群が点在しており、一定の湿度と温度が
保たれているため、貴重なコケ類の宝庫としても知られ、世界中で約1800種類あると
いわれるコケの中の約300種が渓谷一帯で確認されています。

■ 場 所 : 猪八重渓谷 (宮崎県日南市北郷町)
■ 日 時 : 2013年10月19日 (土)
■ 天 候 : 小雨
■ コースタイム  (往復 7km)

  渓谷入口(13:00) ⇒ 五重の滝(14:15-14:55) ⇒ 渓谷入口(15:44)

▼ 猪八重渓谷入口駐車場です。(車は1台もありません)
 001 猪八重

▼ 途中の花です。(右はヤマジノホトトギスでしょうか)
 002 花

▼ 猪八重渓谷の苔です。300種類ほどあるそうですが全然わかりません。
 003 コケ

▼ 森の様子です。まだ紅葉には少し早いですね。
 004 森林

▼ 渓谷の様子です。左上の写真:夏は子供たちが水遊びしてます。
 005 渓谷①
 006 渓谷②

▼ 昭和30年代頃まで、トロッコで木材を搬出していたようです。
 007 トロッコ跡

▼ 炭がま跡です。所々に石垣が残っています。
 008 炭がま跡

▼ 流合(はけあい)の滝: 綺麗ですね
 009 流合の滝

▼ 岩壺の滝: 滝が連続してあります。
 010 岩つぼの滝

▼ 五重の滝: 五重になっているのが分かりますか?
 011 五重の滝

▼ 滝を見ながら昼食です。
   今日は、スープパスタにしてみました。(お湯を入れて15秒かきまぜ!)
 012 ランチ


今年は、やたら台風の発生するのが多いようです。
しかも週末に日本上陸するパターンは何とかなりませんかね。
ま、我々は遊ぶのに影響するだけですが、26号の大島町直撃の
被害は尋常ではなかったですね。
被害の皆様、お見舞い申し上げます。

マイナスイオンをたっぷり浴びた、静かな一日でした♪
   
 それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 

祖母傾 完全縦走!

2013年 10月16日 18:30 (水)

ここのところ大風の影響で週末は悪天候続きでしたが、久しぶりに
10月の3連休は晴天の予報です。
さてさて、3連休は何処で何をしようかな?
9月に計画した祖母山の縦走も悪天候で中止になったこともあり、
再度、単独での傾山・祖母山縦走を決行することにしました。
九州の縦走コースでは難易度が高く、また単独での決行では車を
登山口にデポすることも出来ず、どうしたものか!?
一人なら自転車を使ったらどうだろうか?
いろいろと思案した結果、九折登山口より入山し傾山~九折越~
祖母山~大障子岩~健男社登山口までの完全縦走。
標高450mの健男社に折畳み自転車をデポしておき、350mの九折
登山口までの約4kmを自転車で戻る計画です。
(案の定、半分程度はペダルを踏まなくても快適に進みました)

上記の計画を2泊3日で実施したので、詳細をお伝えいたします。

尚、九折越小屋と道中お知り合いになりました大分のお二人様と
熊本のお二人様、また九合目小屋でお会いしました東京(千葉)
からお越しのお二人様、色々とお世話になり有難うございました。
また、どこかの山でお会いしましょう 

■ 場 所 : 祖母山 1756m(日百山)/傾山 1602m(九百山)/他
■ 日 時 : 2013年10月12日 (土)~14日(月)
■ 天 候 : 晴天(3日間)
■ メンバー: 単独 

■ コースタイム
 10/12 宮崎(3:20) ⇒ 九折登山口(7:27) ⇒ 傾山(12:55-12:36)⇒
      九折越小屋(14:57)
 10/13 九折越小屋(5:25) ⇒ 本谷山(7:41) ⇒ 古祖母山(11:13-11:38)
       ⇒障子岳(12:37) ⇒ 祖母山(15:00) ⇒ 九合目小屋(15:24)
 10/14 九合目小屋(5:40) ⇒ 宮原(6:32)⇒ 大障子岩(8:53) ⇒ 前障子
      (10:37-10:56)⇒ 健男社登山口(13:35)

■ ルート図  【Garmin OREGON 450TC 】

  ・1日目 : Ⓐ ~ Ⓑ 歩行距離  9.5km/ 7時間30分
  ・2日目 : Ⓑ ~ Ⓒ 歩行距離 16.8km/ 10時間
  ・3日目 : Ⓒ ~ Ⓓ 歩行距離 11.4km/ 7時間55分
         Ⓓ ~ Ⓐ 自転車にて移動  4.1km/ 25分
 001 祖母ルート

■ 高度プロファイル 

  登山口400mから三ツ尾、三ツ坊主を経由し1602m傾山へ
  高低差 1200m、累積上り 1530m
 002 祖母縦走


  GPSデータは本谷山付近より(記録設定ミス)
  九折越小屋から本谷やままでは標高差 340m/4.1km
  500mと100mのアップダウンを繰り返す、累積上り約 1500m
 003 祖母縦走


  祖母から健男社までの標高差は1150mであるが、下りなのに
  登りが何度となく繰り返し地獄の下山となりました。
  GPSによる累積上り 630m/累積下り 1790m キツイ訳ですね。
 004 祖母縦走

▼ 尾平登山口より朝日の当たる縦走路
 001 尾平

▼ 左:健男社Pへチャリをデポ 右:九折登山口START
 002 スタート

▼ 観音の滝
       003 観音の滝

▼ 三ツ尾周辺
 004 三ツ坊主

▼ 傾山山頂
   005 傾山頂

▼ 山頂からの風景
 006傾 山頂風景

▼ 九折越に到着しました
 007 九折越

▼ 13日:笠松東展望台からご来光
 008 笠松ご来光

▼ 祖母山への稜線(あの尖がりまで目指します)
 009 祖母稜線

▼ 由布岳・阿蘇(晴天で360度の眺望を楽しみました)
 011 眺望

▼ 祖母山頂(スタートから10時間、長かったなぁ)
 012 祖母山

▼ 3日目(14日)下山途中の朝日です
 013 朝日

▼ 下山途中の紅葉と雲海
 014 紅葉と雲海

▼ 鹿の瀬でしょうか?(ここを渡るのが怖かったね)
 015 鹿の瀬

▼ 大障子岩です(まだ中間点前です)
 016 大障子岩

▼ 13:45 やっと下山しました。(約8時間)
  これから九折登山口までデポチャリで移動します。
  左:健男社  右:九折登山口  お疲れお疲れ、無事に戻れました。 
 017 下山


今回、3連休を利用して祖母・傾の完全縦走を計画しましたが、
出来るだけザックの重量を減らす為、テントは持たずに小屋泊
まりとしました。
それでも非常用のツエルトとシュラフ、マット、食料、着替、焼酎
などで約10kg程度の重量です。
3日間、ハードな行程になると予想していましたが、想像以上に
過酷な縦走ルートでした。
初日は三ツ坊主の岩場、二日目はアップダウンの激しさと約17km
の長丁場、三日目の下山はめちゃくちゃ苦しく死にそうでした。
そんな過酷な縦走でしたが、晴天にも恵まれ景色と紅葉を楽しみ
ながら目的を達成した満足感でいっぱいです♪

今度は、逆コースで回ってみようかな、なんちゃって!

   
 それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 

韓国岳周回!

2013年 10月01日 07:00 (火)

金曜までは最高の天気だったのに、土曜、日曜の天気は雨との予報なので、
ハードな山歩きは諦めて、近場の韓国岳に登ることにしました。
遅く出発したので、韓国登山口に着いたのは12時を過ぎてしまいました。
今まで韓国岳のお鉢を回ったことがないので、今回は周回するコースを行く
ことにしました。
ところが周回ではなく、ルート図にあるようなコースで下山することになりました。
このルートがなかなか険しいコースで焦りましたが、無事下山できました。

■ 場 所 : 韓国岳 1700m (宮崎県)
■ 日 時 : 2013年9月28日 (土)
■ 天 候 : 晴れのち曇り
■ メンバー: 単独 


■ コースタイム
  登山口(12:40)⇒ 山頂(13:32-13:55)⇒ ①撮影(14:12)⇒ ②撮影
  (14:20)⇒ ③撮影(14:35)⇒ ④撮影(14:20)⇒ 下山(15:40)  

■ ルート図  【Garmin OREGON 450TC 】
 韓国岳周回

■ 高度プロファイル
韓国周回高度


▼ 上:韓国岳  下:駐車場
 001 駐車場・韓国

▼ 五合目より (登山口付近のリンドウとアザミです)
 003 5合目

▼ 韓国岳頂上(52分) 下:①地点からの火口
 004 頂上・火口

▼ 上:②地点からの撮影  下:アザミの群生
  (アザミはスコットランドの国花らしいですね)
 005 ②地点・アザミ

▼ 上:③地点からの甑岳  下:④地点からの硫黄岳
 006 甑岳・池

▼ 険しい下山路でした。
 007 韓国下り

▼ 生駒高原のコスモス、これからが見頃でしょう。
 008 コスモス

韓国岳は、一般登山口から山頂までのピストンと大浪池登山口から
山頂までのルートは何度も登っていますが、韓国岳のお鉢巡り周回
コースは歩いていませんでした。
今回、初めて韓国岳のお鉢巡りコースを歩きましたが、なかなかスリリングで
タフなルートでした。
特に、④地点から真下に下山するコースは、危険なところや迷いやすい
ところもあるので、このコースは十分注意してください。

途中の生駒高原のコスモスは、咲き始めなので今からが見頃ですね。
是非、行ってみてください!!

   
  それでは、次回まで ごきげんよう!