山はごきげん!

08月 « 2013年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ついに、200アップしました!

2013年 09月27日 17:59 (金)

今年から健康と趣味を兼ねてボウリングを始めています。
1回/週 程度の頻度でボウリング場に通うようになり、始めは100点とか
まったく情けないスコアでしたが、やはり練習をすれば徐々にスコアも良く
なるものですね。
最近は、180点台が時々出るようになりましたが、なかなか190点を越え
られません。
ところが何と、今週の9月24日に自分でも驚くスコアが出てしまったのです。

015 ハイスコア214


 ① 1GEME  135点 : なかなかスペアが取れません。
 ② 2GAME  164点 : ちょっと調子が出てきました。
 ③ 3GEME  214点 : ハイスコア 214点です!!


ボウリングは、ちょっと調子(バランス)が悪いと右に曲がったり、左に曲がった
り修正不能状態になりますが、また、ちょっと調子が良いと型にはまったように
ストライクが連発するときもありますから、面白いものです。
今回は、その調子の良いのにピタットはまったのでしょうか?
笑いが止まりません。

最近は、ボウリングの人気も復活しているようです、我々は普段、午後8時
ごろ投げに行くのですが、複数のチームが定期的な練習や試合を行っており、
また職場のレクレーション的な試合も見かけ場内は結構混んでいます。
年配のチームもあり、かなりご高齢な方々も毎週投げており実に楽しそうです。
ボウリングは健康的にも精神的にも良いスポーツですね。

  次、今回のスコアを越えましたらアップします。
  多分、当分先になると思いますが・・・

   
  それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 




スポンサーサイト

坊がつる・テント泊!

2013年 09月26日 18:49 (木)

この3連休は久しぶりに九重の山を歩きたくなり、テントと食料、そしてお酒を
担いで坊がつるで2泊してきました。
今回は、荷が重いので長者原から入り、雨ケ池を経由して坊がつるキャンプ場
へ入り、テントを設営後、大船山へ直行、ピストンではつまらないので、下りは
立中山から鉾立峠を経由し、法華院温泉から坊がつるキャンプ場へ戻りました。
キャンプ場では、色とりどりのテントが100ぐらい張ってあり、それぞれ食事や
写真撮影などキャンプを楽しんでいます。

私の夕食は定番のキムチ鍋です。夕日を見ながら鍋を食べ、少し欠けた月と
夜空の星を見ながら焼酎を飲む、私にとって最高のひと時です。
一人静かに、心地よい時間がゆっくり過ぎていくのが良いですね。

二日目は、坊がつるキャンプ場から法華院温泉~すがもり小屋~三股山西峰
~本峰~南峰~すがもり小屋に戻り法華院温泉へ下山、温泉にゆっくり浸かり
汗で消費した水分をスーパードライで1L補給し、坊がつるに戻り夕食です。
今日も夕日が眩しく、月も星もとても綺麗で静かな夜です。

翌朝は早々にテントを撤収し長者原に下山しました。
帰路は高千穂経由で日之影町の丹助岳にもう一度登る事にしました。
先週登ったのですが、GPSの軌跡データーが不正確だったので、再度登って
データーを収拾する事にしました。


■ 場 所 :大船山 1786m/三股山西峰 1678m/三股山本峰 1744m/
       三股山南峰 1743m/立中山 1464m (大分県)
■ 日 時 : 2013年9月21日 (土)~23日(月)
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独

■ コースタイム
  9/21 宮崎(6:30)⇒ 長者原登山口(10:50)⇒ 雨ケ池(12:00)⇒ 坊がつる
     (12:50-13:47)⇒ 大船山(15:06)⇒ 立中山(16:27)⇒ 法華院温泉
     (16:53)⇒ 坊がつる(17:12)
 
  9/22 坊がつる(9:07)⇒ 法華院温泉(9:23)⇒ すがもり小屋(10:08)⇒
      三俣山西峰(10:38)⇒ 三俣山本峰(11:15) ⇒ 三俣山南峰(11:33-
      12:15)⇒ すがもり小屋(13:05)⇒ 法華院温泉(13:54)

  9/23 坊がつる(8:10)⇒ 雨ケ池(9:05)⇒ 長者原(10:38)
      丹助小屋登山口(13:03)⇒丹助岳頂上(13:29)⇒ 下山(13:54)

■ ルート図  【Garmin OREGON 450TC 】
  九重ルート

■ 高度プロファイル
  大船山高度

  三俣山高度


【 9月21日(土)】
▼ 晴天の長者原よりスタートです。
  001 長者原

▼ 登山道の緑もきれいですね。
  002 登山道

▼ 雨ケ池より平治岳が見えてきました。
  003 雨ケ池

▼ 右に大船山・左に平治岳もよく見えていますね。
  005 大船・平治

▼ 坊がつるに着きました。テントを設営します。
  006 坊がつるテント

▼ 大船山です。頂上に着いた時はガスの中でした。
  007 大船山

▼ 立中山~鉾立峠~法華院温泉経由で坊がつるへ戻ります。
  008 立中・鉾峠・法華院

▼ 法華院温泉とテント場の様子です。
  009 法華院とテン場

▼ 坊がつるのテント場の様子です。テントがカラフルですね!
  010 坊がつる

▼ 今日の夕食はキムチ鍋です。私の定番?!
  011 キムチ鍋

▼ 雨ケ池周辺に咲いていた花です。
  004 雨ケ池

【 9月22日(日)】
▼ 22日の朝の様子です。月と朝日が出てます。
  012 坊がつるの朝

▼ 上:坊がつる(円内) 下:北千里ケ浜へ
  015 坊がつる・すがもり

▼ すがもり避難小屋にて(愛の鐘)
  016 すがもり小屋

▼ 三俣山三峰を回ります。南峰からは坊がつるが見えます。
  017 三股山

▼ 三俣山周辺はリンドウの花が咲き誇っていました。
  018 三股の花

▼ 法華院温泉では温泉に入りビールを頂きました!
  019 法華院

▼ 坊がつる周辺の花たちです。
  013 坊がつる花

  014 坊がつる花

   



3日間天気もよく、久しぶりの九重を楽しんで来ました。
三俣山ではリンドウが咲き誇り、登山道まで咲いているので
踏み潰さないよう注意して歩きます。
雨ケ池周辺では、マツムシソウが丁度時期で、ヤマラッキョウは
これからが見頃でしょうか?

九重は紅葉の時期も最高に綺麗ですね!
   
  それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 

丹助岳&矢筈岳!

2013年 09月20日 18:08 (金)

山好クラブにて傾山~祖母山縦走の企画が9月15日から2泊3日であり、
私とふじさんは2日目の平尾越から合流し祖母山~宮原~尾平登山口の
コースに参加する予定でした。
初日からスタートしたyamaskさん、いーさん、ひむかさん と合流地点
の尾平越で待ち合わせましたが、生憎の台風18号の影響で風雨が激しく
前に進むことが出来ず、途中で中止の判断をしました。
その後は、予定を変更し日之影町まで戻り、低山の丹助岳と矢筈岳に
登る事に決まり、丹助岳に登った後は、登山口にある丹助小屋に泊まり
縦走で用意した食料とアルコールで宴会となりました。
翌16日は、矢筈岳に登り、昼には宮崎に戻りました。


■ 場 所 : 丹助岳 815m ・矢筈岳 666m (宮崎県)
■ 日 時 : 2013年9月15日 (日)~16日(月)
■ 天 候 : 曇り(台風18号通過後)
■ メンバー: 山好クラブ4名(yamaskさん、ふじさん、ひむかさん)

■ コースタイム
 9/15 丹助登山口(14:25) ⇒ 山頂(14:48) ⇒ 登山口下山(15:28)  
 9/16 矢筈登山口(7:15) ⇒西峰(7:37) ⇒ 東峰(8:00) ⇒ 下山(8:35)


■ ルート図  【Garmin OREGON 450TC 】
 
  (丹助岳の軌跡データは保存できませんでした)
 矢筈岳①


■ 高度プロファイル(矢筈岳のみ)
 矢筈高度
 


▼ 祖母縦走中止(尾平越えの様子)
 001 平尾越

▼ 丹助岳へ向うメンバー/頂上
 002 丹助岳

▼ 天狗岩にて(妙にシンクロしてますね)
 003 天狗岩にて(妙にシンクロしてます)

▼ 天狗岩に立つふじさん
 004 天狗岩に立つふじさん

▼ 丹助小屋 (今日の宴会場所となります)
 005 丹助小屋

▼ 矢筈岳の西峰と東峰です
 006 矢筈岳

▼ 矢筈岳から見た丹助岳です
 007 丹助岳


祖母縦走は途中中止になりましたが、安全が第一です。
中止になってもそれなりに楽しむことは出来ますので
山と酒が好きなメンバーは最高!

でも傾山~祖母山完全縦走、いつかやるぞー!!


    それでは、次回まで ごきげんよう!   

 

後立山縦走!(5日目)

2013年 09月19日 18:38 (木)

いよいよ最終日になりました。
朝の天候は良くありませんが、爺ケ岳を登り種池山荘を経由して扇沢まで
高度1500mを一気に下山します。
11時にどうにか扇沢のバスターミナルに無事到着しました。
5日間 総歩行距離 42.5km 上り累計 4.8km 下り累計 4.6km
怪我もなくよく歩きました!
扇沢発 14:30の新宿行きの高速バスに乗る予定ですが、大町温泉郷まで
行き汗を流してから帰りましょう。


■ コースタイム(9月5日 雨)
  ● 冷池山荘 ~ 爺ケ岳 ~ 爺ケ岳登山口 【 8.2km/ 5時間15分 】
  冷池山荘(5:45) ⇒爺ケ岳南峰(7:20) ⇒ 種池小屋(8:00) ⇒
  爺ケ岳登山口(10:30) ⇒ 扇沢(11:00)


▼ 今朝は悪天候です。ガスが雲海となっています。
 001 朝模様

▼ 途中、雷鳥と出会いました。縦走のお別れに来てくれたのかな?
 002 雷鳥

▼ ガスの中、爺ケ岳中峰→南峰頂上を通過します。
 003 爺ケ岳

▼ 種池山荘の周辺もお花畑となっています。
 004 種池山荘

▼ 11:30 ついに扇沢の登山口まで下山しました。
 005 爺ケ岳登山口

▼ 今日の花の撮影はこれだけです。
 花-①


5日間の北アルプスの旅も無事終わりました。
出発時は台風15号が発生し、どうなる事かと思いましたが、
何とか予定のコースを日程を変更せずに踏破できました。
やはり縦走も長丁場になると、天候の判断から食料の種類と量、
また持っていく衣類も考えなければなりませんね。多ければ重いし
体力とどの程度我慢できるか個人差もありますね。
ま、今回は色々な意味でよい勉強になりました。
しかし相棒も普段それほどトレーニングをしていないのに5日間
よく歩き通しました。天晴れですね!

 さて、来年はどこの山に登ろうかな?

   
  縦走シリーズ終了します。
  それでは、次回まで ごきげんよう!
 
 
 




後立山縦走!(4日目)

2013年 09月19日 18:06 (木)

縦走4日目は、五竜山荘から冷池山荘まで辿り着ければ、当初予定した
4泊5日で扇沢へ下山することが出来そうです。
五竜岳からは口ノ沢のコルまで400mほど下り、更に鹿島槍ヶ岳まで500mほど
登り、今度は冷池山荘まで同じく500m下るアップダウンの激しい行程です。
早朝は朝日を浴びながら五竜岳まで順調に1時間で到着、頂上では抜群の
展望で西に剱岳・立山を望み、南には遠く槍ヶ岳や穂高岳の眺望を楽しみました。
キレット小屋までは、まずまずの天候なので、軽食を取り冷池山荘へ進みます。
キレット小屋を過ぎたころから急にガスが発生し、まったく展望がないまま
鹿島槍ヶ岳~冷池山荘まで我慢・我慢の行軍となりました。


■ コースタイム(9月4日 晴れのち雨)
  ● 五竜山荘 ~五竜岳 ~ 鹿島槍ヶ岳 ~ 冷池山荘 【 9.2km/ 9時間 】 
   五竜山荘(5:30) ⇒ 五竜岳(6:36) ⇒ キレット小屋(9:45-10:25) ⇒
   鹿島槍ヶ岳南峰(12:42) ⇒ 布引岳(13:37) ⇒ 冷池山荘(14:33)


▼ 今日も朝日が綺麗ですね~
 01 朝焼け

▼ 五竜岳まで稜線を登ります。
 02 五竜岳へ

▼ 1時間で五竜岳頂上(2814m)に着きました。日本百名山です。
 03 五竜山頂

▼ 西に立山・剱岳、南に槍ヶ岳と穂高岳、絶景ですね。
 04 上:剱岳 下:槍ヶ岳

▼ 次は鹿島槍ヶ岳の北峰・南峰を目指します。
 05 鹿島槍ヶ岳

▼ 剱岳が真横(西)に見えるようになりました。
 06 剱岳方面

▼ 長い梯子も上ります。
 07 岩場の登り

▼ 8:20 北尾根の頭です。展望良好!
 08 北尾根の頭

▼ 8:45 口ノ沢のコルです。展望良好!
 09 口ノ沢のコル

▼ 9:45 八峰キレット小屋に到着、軽食をとり小休止です。
   時間も天候も体力も問題ないので冷池山荘まで行っちゃうよ♪
 10 八峰キレット

▼ このあと10時半ごろよりガスり始め天候が崩れますが
  吊尾根から鹿島槍南方を通過します。
 11 吊尾根~鹿島槍北峰

▼ 12:42 鹿島槍ケ岳頂上(2889m)到着、日本百名山です。
  残念ながらガスで周りは何も見えません。
 12 鹿島槍ケ岳~布引岳

▼ 14:33 冷池山荘に到着しました。お疲れ様でした。
 13 冷池山荘


▼ 縦走4日目に出会った花たちです。
  冷池小屋の周辺はいろんな花が咲いてお花畑でした。
 ① 花

 ② 花

 ③ 花

 ④ 花

 ⑤ 花

 ⑥ 花

 ⑦ 花


計画では種池山荘を予定しましたが、この悪天候の中どうにか
冷池山荘まで来れました。
明日は、天候が悪くとも爺ケ岳~種池山荘を経由してお昼前には
扇沢のバスターミナルまで行けるでしょう♪

   
 では、縦走5日目に続きます。次回までごきげんよう!
 
 
 


後立山縦走!(3日目)

2013年 09月18日 18:44 (水)

縦走3日目は、天狗山荘から不帰キレット~唐松岳~唐松頂上山荘を経て
五竜山荘まで進み、少しでも遅れを取り戻したいところです。
天候は朝日も出るほどの快晴で、難所の天狗の大くだりから不帰キレットも
順調にクリアし唐松岳へと向います。
唐松頂上山荘には11時に到着したので、昼食を摂り五竜山荘を目指すこと
にします。
午後から多少天気が崩れましたが、午後2時半、無事に五竜山荘到着。


■ コースタイム(9月3日 晴れのち曇り)
  ● 天狗山荘 ~唐松岳 ~ 五竜山荘 【 9.1km/ 9時間 】
    天狗山荘(5:30)⇒ 唐松岳(10:40)⇒ 唐松岳頂上山荘(11:00-
    11:47)⇒ 五竜山荘(14:30)



▼ 天狗山荘前の朝日、今日は晴れるかな?!
 ①朝日

▼ 稜線もよく見えます。剱岳も見えますね。
 ②稜線

▼ 稜線を快調に進みます。
 ③稜線に立つ

▼ 天狗の頭まで来ました。
 ④天狗の頭

▼ 右手に剱岳を見ながら歩きます。
 ⑤稜線

▼ これより天狗の大下りです。これからが難所です。
 ⑥天狗の大下り

▼ なかなか雄大な景色ですね。
 ⑦天狗の大下り

▼ アップダウンが続きます。
 ⑧

 ⑨

▼ いよいよ不帰キレットを登ります。
 ⑩登り

▼ 不帰一峰の頭です、更に不帰瞼に続きます。
 ⑪不帰一峰の頭

▼ キレット核心部をのぼります。
 ⑫登り

 ⑬不帰の瞼へ

▼ 不帰瞼です。遭難碑がありました。
 ⑭不帰瞼

▼ 不帰2峰北峰に来ました。南峰へつづきます。
 ⑮不帰2峰北峰

▼ 不帰2峰南峰です。唐松岳が見えてきました。
 ⑯不帰2峰南峰

▼ 10:40 唐松岳に到着しました。展望良好です。
   眼下に唐松岳頂上山荘です。
 ⑰唐松岳山頂

▼ 11時唐松岳頂上山荘に到着です。
  昼食後、気合を入れて五竜山荘へ向います。
 ⑱唐松岳山荘

▼ まだまだアップダウンが続きますが、雷鳥が迎えてくれました。
 ⑲五竜へ雷鳥

▼ 14:30 本日の宿泊場所、五竜山荘に着きました。
 ⑳14:30五竜山荘

▼ 五竜山荘の夕食はカレーです。おかわり出来ますよ♪
   写真のTシャツは五竜山荘でしか購入できません。3000円
 21 五竜山荘

▼ 縦走3日目に出会った花たちです。
 22 花①

 23 花②

 24 花③

 25 花④

 26 花⑤


ここ五竜山荘まで来れば、五竜岳~鹿島槍ケ岳を経由して
冷池山荘まで繋げたいものです。
しかし冷池までは、五竜岳まで登った後に口の沢のコルまで一気
に下り、更に八峰キレットを通過し鹿島槍ヶ岳北峰・南峰と400m
以上の厳しい登りが二つ待っています。
縦走4日目は天候と体調および気力が全てですね。

   
では、縦走4日目に続きます。次回までごきげんよう!
 
 
 



後立山縦走!(2日目)

2013年 09月17日 16:01 (火)

縦走2日目は、白馬山荘より鑓ケ岳~天狗山荘~不帰キレット~唐松岳を
経て唐松頂上山荘までの約10kmを目指します。
天狗の大下りはザレ場や長い鎖が連続してあり、不帰キレットの底からは
1峰と核心部の2峰の登りは、長い鎖場やアングルの橋・梯子が連続する
難所なので、岩が雨で濡れたり風があると、滑転落や落石など非常に危険です。
早朝のスタート時は比較的天候も安定しており、時折日が差すほどでしたが
白馬鑓ケ岳を過ぎたあたりからは、突風となり雨が頬に当たり、まるで小石が
当たるようでした。
この天候状態では、天狗の下りから不帰キレットは危険と判断し、残念ながら
今日の行程は天狗山荘泊まりとしました。

■ コースタイム
 ● 2日目(雨)  白馬山荘 ~ 天狗山荘 5.3km 3時間
  白馬山荘(6:45)⇒白馬鑓ケ岳(8:55)⇒天狗山荘(9:45)


▼ 白馬山荘をスタートします。右はテン場ですが1張りだけ!
 ①白馬山荘

▼ スタート時は時折日も差したのですが・・・
 ②景色

▼ 鑓ケ岳に続く稜線です。
 ③稜線

▼ 鑓ケ岳山頂です。
 ④白馬鑓ケ岳

▼ 虹も出ていましたが、天候が崩れ始めました。
 ④-1稜線

▼ 天狗山荘前でゆったりします・・・
 ⑤天狗山荘

 ⑥天狗山荘前

▼ 天狗山荘の様子です。夕食が良かったですね。
 ⑦天狗山荘内


明日3日目は、いよいよ不帰キレットを通り唐松岳を目指しますが、
果たしてどこまで足を延ばせるかが問題です。
天候次第ですが、五竜山荘まで頑張りたいものです。



 では、縦走3日目に続きます。次回までごきげんよう!

後立山縦走!(1日目)

2013年 09月13日 12:17 (金)

「年一度のお楽しみ夏山登山」 昨年は立山(剱岳)を登りましたが、
今年は北アルプスの後立山を栂池高原から扇沢まで、山小屋泊での
4泊5日の大縦走を計画しました。
一番心配なのはやはり天候です。
そんななか大風15号が発生してしまいました。しかも我々を追いかける
ように進路を変え最悪にもドンピシャです。
予定を1日遅らせ9月1日からスタートすることにし、台風は熱帯低気圧に
変わりましたが、天候の回復は期待できそうにありません。
このようなコンデションでしたが、42.5kmを縦走した記録をお伝えします。


■ 場 所 : 白馬岳 2932m / 五竜岳 2814m / 鹿島槍ヶ岳 2890m 日本百名山
■ 日 時 : 2013年9月1日 (日)~5日(木)
■ 天 候 : 雨、曇り、一時晴れ
■ メンバー: 2名(AKI、MINE)
■ コースタイム

 ●1日目(雨)  栂池自然園 ~ 白馬山荘 10.7km 7時間24分  
   パノラマウェイ発(7:30)⇒登山道入口(8:28)⇒天狗原(9:49)⇒白馬大池
  (11:41-12:15)⇒乗鞍岳(11:09)⇒小蓮華岳(14:10)⇒白馬岳(15:39)
   ⇒白馬山荘(15:52) 


■ ルート図  【Garmin OREGON 450TC 】
   後立山


■ 高度プロファイル

後立山縦走高度


▼ 栂池ゴンドラ乗り場周辺です
 ①栂池

▼ ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ自然園まで行きます。片道 1720円
 ②ゴンドラ

▼ 登山道入口です。雨ですがいよいよ縦走のスタートです。
 ③登山口

▼ 天狗原と雪渓を進みます。雨ですねぇ・・・
 ④天狗原

▼ 白馬大池まできました。白馬大池山荘で軽食をとり小休止です。
 ⑤白馬大池

▼ 乗鞍岳と白馬岳へ続く稜線です。
 ⑥乗鞍・稜線

▼ 悪天候のなか白馬岳まで来ました。日本百名山です(ヤッポー)
 ⑦白馬岳

▼ どうにか白馬山荘まで辿り着きました。雨の中7時間半よく歩きました。
  夕食は歴史あるハンバーグ定食ですが、美味しくありません。
 ⑧白馬山荘

▼ 今日初日に出会った花たちです。
 ⑨花-1
 ⑩花-2

初日の目的地である白馬山荘までどうにかやってきました。
明日からの天候も心配ですね、状況を判断しながらこれからの行程を
検討しなければなりませんが、とりあえず今日はゆっくり寝ましょう!

  では、縦走2日目に続きます。次回までごきげんよう!