山はごきげん!

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

屋久島一人旅!

2017年 10月12日 18:21 (木)

先週の3連休、折角なので何処かへ行こう!

以前より考えていた屋久島の SEA TO SUMMIT

もどきをやってみるか!?!

屋久島は今度で7度目、縦走もしているし

モッチョム岳、愛子岳にも登っているので

少し変わった計画を考えてみた。


宮之浦港~楠川歩道~白谷山荘(泊)

~縄文杉~永田岳~鹿之沢小屋(泊)

~永田歩道~永田浜



経費を極力抑えて

宮之浦から永田浜まで 海~山~海

を縦走する計画です。


行くことに決めたのは前日の夕方でした。💦



■ 場 所 : 屋久島:楠川歩道~永田歩道
■ 日 時 : 2017年10月7日~9日
■ 天 候 : 晴れ
■ メンバー: 単独 




■ ルート図 & 高度プロファイル 【Garmin OREGON 450TC 】 

 001 屋久島


 002 屋久島PF



■ コースタイム
 1日目(10/7)
 宮之浦港(12:40)⇒楠川歩道入口(13:30)⇒白谷山荘(16:47)

 2日目(10/8)
 白谷山荘(5:32)⇒太鼓岩(6:18)⇒縄文杉(10:00)⇒
 永田岳直下(15:00)⇒鹿之沢小屋(15:46)

 3日目(10/9)
 鹿之沢小屋(5:55)⇒竹の辻1319m(8:27)⇒
 永田歩道入口(12:00)⇒永田入口バス停(12:46)



■10月7日(土)
▼ 8:30 発のフェリー屋久島2に乗船
 003 フェリー

▼ 12:30 屋久島に上陸
 004 屋久島


 005 屋久島

▼ 港から4kmほど歩き楠川歩道入口へ
 この歩道は苔が付いて滑るし暗く寂しい道だ!
 カメラのバッテリーも少なく1枚も写していない
 歩き始めて約10km/3時間半で白谷雲水峡に到着
 ここまで誰にも会いませんでした (>_<)

 006 白谷雲水峡

▼ くぐり杉を過ぎれば白谷山荘は直です。
 007 くぐり杉

 16:47 白谷山荘に到着しましたが誰もいません
 今日の泊まりは俺だけらしい!
 一人は寂しいし、何だか気味が悪いな!
 ま、焼酎を飲んで早いとこ寝るべ!!



■10月8日(日)
▼ 5:32 白谷山荘を出発
 6:17 太鼓岩にて宮之浦岳の山容です!
 008 太鼓岩より

 009 太鼓岩より

 楠川分かれまで出ると荒川登山口からスタートした
 人達と合流するので大行列状態です。
 昨日とはまったく違います!

▼ トロッコ道の大株歩道入口から20分ほどでウィルソン株です。
 010 ウィルソン

 どうもハートが上手く撮れんな!
 011 ウィルソン


▼ 10:00 縄文杉に到着
 012 縄文杉


 013 縄文杉


   高塚小屋で25分ほど休憩して出発です。


▼ 新高塚小屋から1時間ほどで
 やっと永田岳が見えてきました。
 014 永田岳


▼ 平石岩屋か、懐かしい場所だな!
 015 平石岩屋


▼ 永田岳に宮之浦岳:素晴らしい!
 016 永田岳


 017 宮之浦岳


  宮野浦岳には登らず、焼野三叉路より永田岳へ

  往復30分程度だけど、気力も体力も限界!


▼ さて、いよいよ永田岳の下まで着ましたよ!
 018 永田岳


▼ この岩を上れば永田岳山頂だが、ここもパス (-_-;)
 今日のお宿、鹿野沢小屋まで急ぎます。
 019 永田岳


▼ 永田の街と海岸が見えてきました
 明日は、あそこまで降りのですね!
 020 永田


▼ 途中、ローソク岩を見ながら鹿之沢小屋へ
 021 ローソク岩

  15:46 やっと鹿之沢小屋に到着です。

  朝5時半から10時間、ツカレタ!!

 
  今日のお泊りは、自分と若いカップルの3人

  今日は寂しくも、気味も悪くないぞ!


 さあ、明日は永田歩道での下山だが
 悪路で渡渉が2ヶ所、コースタイムは
 8時間、慎重に下りねば!

 若いカップルは花山歩道から栗生のコースで
 下山するらしい。


■10月9日(月)
▼ 5:55 鹿之沢小屋を出発
 022 鹿之沢小屋


   渡渉ヶ所は水量が少なかったので

   問題なく渡れました。

   増水時は注意との案内板がありました。


▼ 途中、こんなヤマグルマがありました。
 023 ヤマグルマ


  下山中、標高800m付近で4人組の男性が

  登ってこられた、少し言葉を交わしたが

  結構な高齢者だった、しかもこの坂を登るとは

  無事に鹿之沢小山まで行けただろうか!?



▼ ここが竹の辻なのか? 標高が違うだろ!
 024 竹の辻


▼ 11:59 やっと永田歩道入口に到着しました。
 後は、林道をテクテクと
 025 歩道


▼ 林道沿いにはこんなシダが
 026 シダ


▼ 振り返り、中央が永田岳かな!?
 027 永田岳


▼ 永田の海岸が見えてきました。
 028 永田浜


▼ 13:37 発のバスに乗り宮之浦港へ向かい
 今回の旅は終了です。
 029 バス



  海から海へのテーマで歩いた屋久島

  マイナーな二つの歩道を縦走して辛くて

  厳しいばかりで人にはお勧めできないが

  全ては自分の自己満足の為だけです。




 屋久島のシャクナゲが咲き誇る6月
 2名の方が増水した沢で命を落されました。
 永田歩道から手を合わせてきました。 




費用概算(参考)
 ・桜島フェリー(往復) 320円
 ・フェリー(行き) 4,900円
 ・バス(永田-宮之浦港) 870円
 ・トッピー(帰り) 8,400円
 ・高速代 750円
 ・駐車代(3日間) 300円
 ・ガソリン代  2000円程度

  交通費合計 約17,000円

 往復フェリーならまだ節約できますよ!



   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 




スポンサーサイト

北アルプスへ(その5) !

2017年 10月06日 16:53 (金)


いよいよ残るは鷲羽岳と水晶岳の

2座になりました。

素晴らしい朝焼けだ、気温は低いが

今日も天気が良さそうだ。


 移動距離およそ 9.8km
 高低累計上り下りとも 約920m




■ 標高プロファイル
 081 鷲羽~水晶



■ 9/22 コースタイム
 三俣山荘(5:35)⇒鷲羽岳(7:05)⇒水晶小屋(9:17)⇒
 水晶岳(10:05)⇒水晶小屋(10:50-11:32)⇒岩苔乗越
 (12:18)⇒三俣山荘(14:17)



▼ 今日の朝景は素晴らしい!
 082 朝景

 083 朝景

 084 朝景

 085 朝景



▼ 今日も槍を見ながらの縦走は元気がでるね!
 086 槍ケ岳

▼ 山荘を振り返って!
 087 山荘


▼ 鷲羽岳山頂手前にて
 088 鷲羽岳へ

 089 鷲羽岳へ


▼ 右のピークは昨日登った黒部五郎岳
 090 黒部五郎岳


▼ 7:05 鷲羽岳山頂~ 日本百名山ゲッツ
 091 鷲羽岳山頂


▼ これから向かう水晶岳の方かな?
 092 水晶岳へ


▼ こちらは野口五郎岳♪ の方かな?
 093 野口五郎岳


▼ 手前のピークがワリモ岳かな?
 094 水晶岳へ


▼ 8:07 ワリモ岳(2888m)タッチ
 095 ワリモ岳


▼ 先ずは水晶小屋を目指して進もう!
 096 水晶小屋


▼ 9:17 やっと水晶小屋に到着しました。
 097 水晶小屋


▼ 小屋にザックをデポして水晶岳に向かいます。
 098 水晶岳へ


▼ 山頂近くは岩場のアップダウンが続きます。
 頂上には何人か見えますね
 099 水晶岳へ
 
 100 水晶岳へ


▼ 10:05 水晶岳山頂です。今回3座目の百名山!
 101 水晶岳山頂


▼ 頂上からの景色は素晴らしい!
 102 山頂より
 
103 山頂より
 
 104 山頂より


▼ 小屋に戻ってランチだな!
 105 山頂より


▼ 水晶小屋より、剱岳や白馬岳も見えるとか
 106 水晶小屋より
 
 107 水晶小屋より


▼ 戻りは岩苔乗越より黒部源流地まで下り
 三俣山荘へ戻ります。
 108 もどり


▼ 黒部川源流の水
 109 黒部川


▼ 紅葉も美しい!
 110 紅葉


▼ 今日はご飯を炊いてテント最後の夜です。
 111 夕食


  スケジュールもほぼ予定通りに進めたし

  天候も行動中はほとんど晴れていたし

  怪我もなく良かった!良かった!


 後は、明日の下山のみだな!




【 9月23日(土) 】
▼ 6:30 小雨の中テントを撤収し下山です。
 112 下山


▼ 下山は巻道ルートで下ります。
 113 下山


▼ 双六小屋に着くころにはだいぶ晴れてきました。
 114 双六小屋

 115 双六小屋


▼ 11:50 鏡平まで下りてきました。
 116 鏡平


▼ イタドリケ原で少し休み、わさび平まで下山
 (りんごは250円でした)
 117 わさび平


  長い林道をひたすら歩き 

  16:10 無事に下山できました

  お疲れ! お疲れ!




 先ずは、温泉に入りゆっくりしようぜ!

 飛騨牛でずぞ!

 118 飛騨牛

 119 飛騨牛


 こちらは、1リッターのメガビールです!
 120 ビール


  至福のひと時ですな!!




 翌日(9/24)は、郡上八幡で観光して

 神戸発のフェリーに乗船でした。

 121 郡上

 
 122 郡上



●今までの秋の山行記録
 ・2011年9月  北アルプス(槍ケ岳)
 ・2012年9月  北アルプス-立山(剱岳)
 ・2013年9月  後立山縦走(白馬岳+)
 ・2014年9月  南アルプス縦走(北岳+)
 ・2015年9月  東北の山+北海道
 ・2016年9月  北陸(白山、荒島岳)


 今回も楽しい山歩きでした♪

  おしまい!!


   
  それでは、次回まで ごきげんよう!

 
 

北アルプスへ(その4) !

2017年 10月05日 12:15 (木)


いよいよ今日は日本百名山の黒部五郎岳だ!

早めに出発する予定だったが、4時頃はまだ

テントにぱたぱたと雨音がする。

身支度をして外に出ると霧雨状態なので

山荘で注文した弁当を受け取り準備をして


いざ黒五へ出発だ!!


移動距離およそ 13km 
高低累計上り下りとも 約1160m



■ 標高プロファイル
 051 黒部五郎岳



■ 9/21 コースタイム
  三俣山荘(6:15)⇒黒部五郎小舎(8:40-9:10)⇒
  ⇒黒部五郎岳(11:15-11:35)⇒黒部五郎小舎(13:20-13:48)
  ⇒三俣山荘(16:20)



▼ 6:15 槍ヶ岳を前に、三俣小屋を出発です。
 雨も上がり青空が出てきましたぞ!
 052 山荘前


▼ 山荘を振り返り、素晴らしい景色ですね!
 053 山荘


▼ まだ雪渓が残ってるところを通過
 054 雪渓


▼ 雲がどんどん上がり晴れてきましたね!
 055 空

 056 空


▼ 中央の尖がりは笠ケ岳かな?
 057 笠ガ岳


▼ おー 黒部五郎岳が見えてきましたよ!
 058 黒部五郎岳


▼ 下には小舎も見えてきました。
 059 黒部五郎岳


▼ 8:40 黒部五郎小舎に到着~
 060 小舎


▼ 小舎で腹ごしらえ、弁当は三俣山荘で注文。
 061 軽食


▼ 登りはカールコースを沢伝いに実に快適だ!
 めっちゃ快晴、雲ひとつありません!
 062 快晴


▼ 五郎カールでは、羊背岩が有名らしいです。
 063 羊背岩

 064 羊背岩


▼ そしてザレ場の急登を上れば稜線に出ます。
 065 稜線へ


▼ 11:15 黒部五郎岳頂上に着きました。
 日本百名山です バンザーイ!!
 066 頂上


▼ 頂上からは稜線コースで戻ります。
 稜線コースは岩場のアップダウンがあり緊張!
 067 稜線


▼ 小舎が見えてきました。
 068 小舎

 069 小舎前


▼ 小舎で長袖のTシャツを購入 (^-^)
 070 小舎


▼ それでは三俣山荘まで戻りましょう!
 071 チングルマ

 072 山荘


▼ 無事、テン場に戻ってきました。
 073 テン場


 今日の夕食は、山荘のジビエシチューを注文

 ニンジンが真ん中に一本、周りに鹿肉が少々

 普通のシチューが良かった!?!




 食後外に出てみると素晴らしい夕景でした!

 074 夕景

 075 夕景

 076 夕景

 077 夕景




 ウィスキーの小瓶を買いテントでチビチビ!

 明日は、いよいよ鷲羽岳と水晶岳だな!

 天気も何とか持ちそうで良かった!!



  テント生活を4日もしていると
  生ビールが飲みたいだの
  美味しいものが食べたいだの
  ゆっくり温瀬に入りたいだの
  ちょいちょい頭をよぎり出すよな!


  鷲羽、水晶は ”その4” にて ・・・



北アルプスへ(その3) !

2017年 10月04日 10:48 (水)

3日目(9/20)は、双六小屋から双六岳、三俣蓮華岳を

経由して三俣山荘まで、山荘前のテン場にテント設営後

荷物を軽くして雲の平までピストンの予定だったが

天候の悪化と時間も押していたので途中の日本庭園

あたりまで行き三俣山荘へもどることにした。

 移動距離およそ 10km 
 高低累計上り下りとも 約960m



■ 標高プロファイル
 031 雲の平



■ 9/20 コースタイム
 双六小屋(6:05)⇒双六岳(7:35)⇒三俣蓮華岳(9:15)
  ⇒三俣山荘(10:35)
 三俣山荘(11:30)⇒雲の平途中(13:35)⇒三俣山荘(15:28)



▼ 6:00 双六山荘出発、さすがに朝は寒かった!
 032 双六小屋

▼ 分岐にて
 033 分岐

▼ 今日も槍ヶ岳が美しい!
 034 槍

▼ 鷲羽岳、水晶岳の方かな?
 035 水晶岳

▼ ちょっと寒いけどまずまずの天気だな!
 036 双六へ


▼ 7:35 双六岳到着 : ヤッホー !
 037 双六岳

 038 双六岳


▼ 素晴らしい景色だ!
 039 三俣蓮華へ


▼ 9:15 三俣蓮華岳に到着!
 040 三俣蓮華岳


▼ 鞍部に三俣山荘が見えますね!
 041 三俣山荘


  10:35 三俣山荘に到着、受付をしてテント設営

  展望食堂で昼食後(パスタ、うどん)雲の平へ

  山荘の情報では夕方より強風&雨の予報だ

  天候が崩れる前に戻って来なければ!


▼ 祖父岳かな?
 黒部源流の分岐まで160mほど下って
 また登り返さなければならない
 042 雲の平へ


▼ 谷沿いはいくらか紅葉してますね!
 043 紅葉


▼ 振り返ると槍ケ岳と三俣山荘が見えます
 044 槍と山荘


▼ 日本庭園の付近でチングルマの綿毛がいっぱい!
 お花の時期にも来たいものだね!
 045 チングルマ


▼ 嬉しい事に雷鳥にも出会えました。
 046 雷鳥


  ここで天候が悪くなってきたので引返します。


 047 紅葉



  双六小屋で購入した弁当です。
  山小屋の弁当です、贅沢は言えませんね!
 048 弁当




  テントに戻り暫らくすると予報通り

  強風が吹きだして

  夜中も雨が降り続いて明日が心配だ!



 明日(9/21)は、鷲羽岳と水晶岳に登り

 明後日は、黒部五郎岳の予定だったが

 天候を考えて、

 明日は黒部五郎岳に登ることにした

 
  晴れてくれると良いのだが!!



 4日目は、”その4” にて ・・・



北アルプスへ(その2) !

2017年 10月02日 17:11 (月)


2日目(9/19)は、わさび平から双六小屋まで

およそ 9.6km / 上り 約1350m

20kg近いザックを担いでの登りは

キツカッタ !?



■ 標高プロファイル
  006 高低


■ 9/19 コースタイム
  わさび平(7:00)⇒鏡平(11:20-12:00)⇒
  弓折岳(13:22)⇒双六小屋(14:50)




▼ 7:00 わさび平をスタート
 めっちゃ天気がいいわ!
 007 スタート

▼ 秩父沢の渡渉ケ所では皆さん小休止
 008 秩父沢

▼ 奥左側に槍ヶ岳が見えてきましたよ!
 009 槍

▼ いくつか沢を渡りながら
 010 沢

▼ 9:07 イタドリヶ原到着:ここでキジ撃ちに(-_-;)
 011 イタドリ

▼ 10:00 シシウドケ原のベンチで休憩
 012 シシウドケ原

▼ 晴天で素晴らしい景色でした!
 013 景色

 014 景色

▼ 鏡平の絶好の展望地に到着です。
 015 槍穂高

 016 槍穂高

▼ 槍ヶ岳に穂高連峰、最高の展望です!
 017 槍穂高

▼ 鏡平山荘で30分ほど休憩
 018 鏡平山荘

 019 鏡平山荘

▼ 槍・穂高を眺めながら歩くのは最高だな!
 020 槍

 021 穂高

▼ 13:10 弓折乗越に、弓折岳までひとっ走り
 022 槍

 024 弓折岳

▼ 13:50 花見平にて
 025 花見平

▼ 右手に槍ケ岳、前方には双六小屋が見えてきましたぞ!
 026 槍

 027 双六小屋

▼ 双六小屋、手前がテン場
 028 双六小屋



 ・早速、受付を済ませテントの設営

 ・明日の弁当2個注文(1500円/個)

 ・今夜はご飯を炊いてカレー

 ・ビールと焼酎を少しのみ就寝 zzz



今日は素晴らしい晴天のなか槍ヶ岳を

眺めながら歩けた最高の一日でした!!




 3日目は、”その3” にて ・・・